ミッキーvsキティ、JR2社「コラボ対決」の裏側

新幹線から在来線まで、西日本と九州の戦略

6両編成の全車両にディズニーキャラクターをデザインしている(写真:JR九州、© Disney)
 

 

車内にもミッキーマウスのデザインが(写真:JR九州、© Disney)

近年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の人気が急上昇中。九州からUSJに向かう客も多く、TDLも指を加えて見ているわけにはいかない。そのため、「九州エリアでディズニー人気を掘り起こすためにJR九州と組んだのではないか」と見る鉄道関係者もいる。

車両の外観には巨大なミッキーマウスが描かれ、車内にも座席のヘッドカバーなど、ミッキーマウスのアートが散りばめられている。

九州新幹線は今年の3月で車内販売を終了したが、このラッピング列車は一部の便に客室乗務員が乗務し、オリジナルグッズの車内販売を行う。「グッズの売り上げは運行開始から約1カ月で1000万円を超えた」と、JR九州の担当者はホクホク顔だ。

「ソニック」にもミッキーが

5月30日からは「青いソニック」の愛称で知られる在来線特急車両「883系」にもミッキーマウスをデザインした車両1編成が登場した。博多―大分間、大分―中津間を8月下旬まで走行する。7両編成のうち、4号車と5号車にラッピングを施している。

883系に描かれたミッキーマウスのデザイン(記者撮影)
883系客室シートのヘッドレスト。確かに「あの形」を思わせるデザインだ(記者撮影)

車内に特別な装飾は施されていないが、883系の座席のヘッドレストはもともとミッキーマウスの耳と頭を想起させるデザインである。883系がミッキーマウスデザインとなるという知らせを聞いて、ニヤリとしたファンも多いことだろう。

さらに8月1日から11月27日までは、ミッキー新幹線の第2弾が運行する。今度はミッキーマウスに加えてミニーマウスもデザインされる。8月1日から9月1日までの間は、ミッキー新幹線第1弾と第2弾が並んだり、すれ違ったりする姿が見られるかもしれない。

次ページJR西日本はキティとコラボ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。