アジア狙う謎の日本ブランド「ユビソオ」の正体

パクリのパクリ?がマレーシアで急拡大

クアラルンプール市内の大型ショッピングモール内にあるユビソオの店舗(写真:筆者提供)

MINISO(メイソウ)、ユビソオ、ヨヨソウ、XIMISO――。ユニクロと無印良品、ダイソーを足して3で割ったような雑貨店がアジアを中心に世界的に急増している。中には、日本発をうたい、日本ブランドを前面に押し出している企業もあり、日本人としては落ち着かない。

激化する競争の中で“パクリのパクリ”も登場。マレーシアでは、中国の雑貨チェーン「名創優品」(メイソウ)を模倣したとみられる「ユビソオ」が急拡大している。同社は中東のバーレーンにも進出、近くアラブ首長国連邦(UAE)の金満都市ドバイにも店舗をオープンさせるという。その実態に迫った。

ユニクロに無印良品、ダイソーを模倣?

真っ赤な背景に白字でユビソオと書かれた看板は、ユニクロの店舗と勘違いしかねない。店内は、整然と商品が陳列された無印良品のような印象。商品は、ユニクロのような衣服のほか、無印良品やダイソーを模倣したとみられる雑貨の数々。低価格路線を踏襲するものの、数百円程度の商品も多くて「100均」よりは高い。ある程度の品質でそれなりの価格という点が消費者に受けているようだ。

文房具の陳列もどことなく無印を感じさせる(写真:筆者提供)

ユビソオの公式ホームページで紹介されている新店舗オープンのプロモーション動画は、日本風の演出だ。着物姿で白粉を顔に塗った舞妓さん風の女性たちが経営陣とみられる男性らとポーズを取り、日本の太鼓芸能集団「鼓動」を彷彿とさせるグループが日本的な雰囲気を作り出す一方、獅子舞が乱舞する中華的な要素も加えられている。

次ページ突っ込みどころが満載の日本語の使い方
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT