フェイスブックに届いた郵便物からサリン検出

カリフォルニア州の本社社員が一斉に避難

 7月1日、米カリフォルニア州メンロパークにあるフェイスブックで郵便物を仕分ける施設に届いた不審な郵便物から猛毒サリンが検出されたことを受け、ビル4棟にいた同社の社員などが一斉に避難した。2018年撮影(2019年 ロイター/Elijah Nouvelage)

[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 米カリフォルニア州メンロパークにあるフェイスブック<FB.O>で1日、郵便物を仕分ける施設に届いた不審な郵便物から猛毒サリンが検出されたことを受け、ビル4棟にいた同社の社員などが一斉に避難した。2人がサリンにさらされた可能性があり、検査を受けているという。フェイスブック本社があるメンローパークの消防保安官、ジョン・ジョンストン氏によると、午前11時頃にこの不審な郵便物を取り扱った人たちは、サリンによる症状を示していないという。

ジョンストン氏は「(フェイスブック)は同社に届く全ての郵便物を検査しており、1件で陽性反応があった。そのため通常の手順に従った。われわれはサリンが本物かどうかの検証結果を待っている」と述べた。

フェイスブックの広報担当アンソニー・ハリソン氏は陽性反応を受けてビル4棟から人々を避難させたと説明し、警察の捜査に協力していると述べた。

「当局はまだ見つかった物質が何かを特定していない。現在までに4棟のうち3棟は再び入ることが認められた」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。