10年間車いすの客を待ち続けたバー店主の願い

大分で開業、故忌野清志郎氏に背中を押され

この話を聞いてビルのオーナーは、ビルと道路の間を平らにする工事を自分の負担で行った。現在、関元さんの店が入居するビルと、オーナーが所有するもう一つのビルの入り口が、フラットになっているという。

手前が道路。ビルとの段差をなくす工事をオーナーが請け負ってくれた(筆者撮影)

「オーナーが工事をしてくださったおかげで、車いすの方が転倒するリスクが少なくなりました。車いすの方もこのビルは違うな、とすぐにわかるそうです。オーナーのご厚意は本当にうれしかったです」

バリアフリーの店を作る上でもう1つ大変だったのは、費用がかかることだった。そもそも居抜きであれば工事費はほとんどかからない。しかし、解体して一から作り直すうえ、完全バリアフリーにすることで、工事費は通常の店舗を作るよりも倍に膨らみ、600万円が必要だった。

親交のあった故忌野清志郎さんの言葉で決心

関元さんは鹿児島の雅叙苑で働いているとき、将来の独立を考えて昼間に別の仕事もしていた。それでも見積もりを見て困ってしまった。

その時に背中を押してくれた人がいる。雅叙苑を定宿にしていたロックミュージシャンの忌野清志郎さんだ。忌野さんや、一緒に活動していたギタリストの三宅伸治さんらは雅叙苑を訪れるたびに、関元さんが作ったカクテルを飲み、時にはシークレットライブを開催していたという。

「清志郎さんや三宅さんと交流させてもらう中で、つねに弱い立場の人のことを考えている清志郎さんたちならどうするだろう、と考えて行動するようになっていました」

関元さんは悩んでいるとき、忌野さんと話したことや、忌野さんが作った曲の歌詞を思い出した。中でも忌野さんのバンド、RCサクセションの『空がまた暗くなる』という曲が、勇気を出すようにと関元さんの背中を押した。

費用はかかるけれども何とかなるだろう、と関元さんは一歩を踏み出し、バリアフリーバーのオープンを決意した。

次ページ10年待ち続けて…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT