10年間車いすの客を待ち続けたバー店主の願い

大分で開業、故忌野清志郎氏に背中を押され

大分市で「完全バリアフリー」のバーを開いた関元さん。わざわざ大分に移住して常連になった車いす客もいるという(筆者撮影)

東京2020オリンピック・パラリンピックまであと1年余り。パラリンピックの期間中は過去の大会から推測すると、車いすを使う1800人以上の選手や関係者に加えて、多くの観客が国内外から東京を訪れることが予想されている。

しかし、受け入れには課題がある。とりわけ、東京には車いすで利用できる飲食店が少ない現状を、前回の記事(東京のバリアフリーに足りない「観光客目線」)で指摘した。

バリアフリーは特別なことではなく、誰もが気軽に訪れて楽しめる店づくりを目指すのは、自然なことではないだろうか――そう考えて作られた「完全バリアフリー」のバーが大分県にある。

15年前、独立を機にバリアフリーの店を作り、宣伝もせずに車いすの客を待ち続けた、“知る人ぞ知る”バーを訪れた。

雑居ビルの4階でバリアフリー?

JR大分駅から10分ほど歩いたところにある大分市の繁華街、都町。居酒屋やスナック、バーなどが入居した雑居ビルが立ち並び、周辺にはビジネスホテルも多いことから、大分に来た人の多くが立ち寄る町だ。

バーの住所は、決して新しいとはいえない雑居ビルの4階。店の看板にバリアフリーを謳っている形跡はない。通路の奥の左側にバリアフリーのバーだと聞いた、「Bar Babymoon」があった。

お店の外観からはバリアフリー対応とは見えないが…(筆者撮影)

店の扉を開けると、マスターの関元健二さん(58)が笑顔で迎えてくれた。これまで取材は断っていたそうだが、障害者のスポーツの関係者から店のことを聞いたと言ってお願いすると、取材を受けてくれた。

広さ約10坪の店内には、カウンター6席のほか、3人掛けと2人掛けのテーブル席が1つずつ。全部で11席しかない。

車いすで動きやすいように、カウンターとテーブルの間には広い空間がある。入口から入ってすぐ左側には引き戸があり、開くと中は車いすでも使える広いトイレになっていた。

「もともとは23席あったスナックだったのですが、解体して11席の店に作り替えました。調べたわけではないですが、世界初の完全バリアフリーバーかもしれません(笑)」

次ページ大分での開業を選んだ理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。