「介護も妻に」と願う定年夫を自立させるには?

ホンネは「私にあまり寄りかからないでね」

さて、夫婦の距離に話を戻しますと、お互いに楽しめるものは一緒に、そうでないものは無理して付き合わず、パートナーがそれを楽しむことを尊重することが、相手を大切にすることだと私は思うのです。

このあたり見極めができているご夫婦はそれでいいのですが、そうでなければ、まずは相手の好きなことに付き合ってみることをお勧めします。聞くだけではわからなかったその趣味の面白さを知り、見聞を広めることにつながりますし、相手が好きな理由が理解できるようになったり、趣味の仲間に囲まれてうれしそうなパートナーの姿に新たな一面を垣間見ることができたりします。将来もずっと同じ趣味を一緒に楽しむべきかどうかは、経験した後で判断したらいいのです。

楽しめる趣味があれば「耐える孤独」に陥らない

最後に、ひとりの時間について、少し触れておきます。冒頭にも書きましたが、女性はどんな人生を送ってきたとしても最後はひとり、という可能性が高くなります。

体力がなくなり、会いに行くお友達が減ったとしても、幸せに浸れる趣味があるということはすばらしいことです。なぜなら、そんなひとりの時間を過ごせれば、「耐える孤独」を「楽しめる孤独」に転換できそうな気がするからです。そういう意味では、ひとりで楽しめる趣味を持ち、自分ひとりの時間を慈しむように過ごせることも、明るい老後のために極めて重要なことだと思います。

ぜひ、夫婦で、仲間で、ひとりで、OnもOffも年をとればとるほど「自分らしく」、人生のラストステージまで明るく暮らしたいものです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT