いち早く「両利き」にならないと生き残れない

「日本的経営」がすでにオワコンになった理由

入山:この負けパターンから脱する鍵はどこにあるのでしょうか。

冨山:会社の形や仕組みをかなり大改造し、自分自身が痛みを伴うことをしないといけませんね。単にツールとしてデジタル的な現象を取り入れるとか、おいしいところだけつまみ食いするアプローチではダメでしょう。例えば、マイクロソフトはもともとパッケージソフト屋だったのが、今では箱もCD-ROMもほとんど売っていません。今のメインビジネスは、クラウドベースのB to Bサービスです。

会社の構造そのものを変えて、市場も変えていった。そういう根本的なところをモデルチェンジしないといけないでしょう。ただし、そういう根本的な領域にメスを入れようとすると、大きい組織ほど大変で、大きさが急に短所になってしまいます。

入山章栄(いりやま あきえ)/早稲田大学ビジネススクール教授。1972年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関へのコンサルティング業務に従事した後、2008年ピッツバーグ大学経営大学院でPh.D.を取得。ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーなどを経て、2019年より現職。専門は経営戦略論、国際経営論(撮影:今井康一)

入山:一方で、デジタルの戦いをめぐって、日本は初戦では負けたが、IOTになってモノとモノがつながる第2回戦ではまだチャンスはある、という意見もありますよね。

冨山:そこで必要になるのが、やはり両利き経営モードでしょう。左脳で考える右利き経営が強かった日本の会社が、いかに右脳的な発想をして左手を手に入れるか。あるいは、左手しか使えなかったシリコンバレーのプレーヤーが、右手も使えるようになるか。

どちらが先に両利き経営を見つけるかという競争だと思いますね。最近、日本企業が懸命にGAFAにすり寄っているのも、そういうことだろうと思います。

GAFAの栄華は永遠ではない

入山:人間というのは面白いもので、GAFAが世界を支配するような空気になっていますよね。GAFA無敵論というか。私は、これは異常な認知バイアスだと感じます。

冨山:盛者必衰は歴史の教訓です。例えば、私が就職した1980年代半ばは、IBMの未来は永久に栄華が続くようにいわれていたのに、あっという間に崩れ去った。その後、日本の電子立国は永遠なりと言ったのに、ガラガラと崩れた。だから、GAFAの栄華も永遠ではなく、データ覇権というのさえバブルにすぎないのかもしれません。

多くの場合、パラダイムの転換期に恐竜は滅びるけれども、そこを乗り越えて、生き延びる哺乳類のようなものがいます。滅びるものと生き残るものの境目はどこにあるか。それは、近現代史から学べることであり、経営者がどれだけそこを真剣に意識して取り組むかが大事です。

とくに両利きの経営では、単に右に左を加えても、両利きにならないところが難しい。脳の仕組み、つまり、企業を動かす基本OS(オペレーションシステム)を大きく変えないといけない。右利きの人が左手を使うのは容易ではなく、相当の訓練が必要です。それをやめれば、すぐに右手に戻ってしまうので、変革の持続性が問われてくるのです。

次ページ任期は長期的かつ不定期がいい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT