逃亡犯2人の「逮捕」につながった交際女性の影

指名手配容疑者を追い詰める刑事たちの奮闘

「指名手配」専門の捜査機関・警視庁捜査共助課 小川警部補(写真:フジテレビ)

罪を犯し、時には偽名を使い、容姿を変え、あらゆる手段で全国各地に逃亡を続ける指名手配の容疑者たち。2019年5月現在、その数は全国で約600人に上る。

そんな全国各地に潜伏する指名手配容疑者を追い詰める捜査の達人たち。彼らが勝ち取った逮捕の瞬間の数々をカメラに収めた、フジテレビ『逮捕の瞬間!警察24時  令和・新時代の名物刑事 全国「指名手配」完全追跡SP』(6月16日(日)夜7時から放送)取材班が生々しい2つの逮捕現場の一部始終をリポートする。

「逃げ得を許さないことが第1条件」――。

そう語るのは、“指名手配捜査の専門組織”警視庁・捜査共助課の小川警部補。これまで16年間で3000人以上の指名手配容疑者逮捕に携わってきた、指名手配捜査のプロ中のプロだ。

 福岡へ逃亡した指名手配容疑者を徹底追跡

この日、警視庁・捜査共助課の捜査員たちが張り込んでいたのは、東京から約900km離れた福岡市内のマンションの前。彼らが追っていたのは、30代の男。知人女性の自宅に侵入し、カッターナイフを突き付け「顔をメッタ刺しにするぞ」と脅し、女性を全裸に。さらに男は、怯える女性の首を絞め、髪を切るなどの暴行を加えると、意識を失った女性を放置し、そのまま姿をくらませた。

女性を恐怖に陥れた悪質極まりない事件。男は、強制性交等未遂と住居侵入の容疑で指名手配された。捜査員たちは、すぐに男の情報収集を開始。すると手配から2週間が過ぎた頃、捜査員が1つの情報をつかんだ。

それは、男が事件前に同僚に話した「福岡で彼女と暮らす」という言葉。この内容が本当なら、男は今も福岡に潜伏しているかもしれない。確証はなかったが捜査員は東京から福岡に飛んだ。

その後、緻密な捜査で割り出したのは、男の交際相手が住む福岡市内のマンション。住人の出入りが確認できる位置で張り込みを開始した。すると、張り込み開始から2時間、マンションから男の交際相手の女性が1人で出てきた。

女性はきれいな身なりでタクシーに乗り込むと、そのまま市街地の方向へ走り去っていった。捜査員は、女性の外出を確認すると、部屋のすぐ真下に向かった。ベランダの窓をよく見ると、女性が外出したにもかかわらず、部屋からはわずかに漏れる明かりが確認できる。何者かが部屋にいる可能性は高い。逃走防止のためマンションの外にも見張りの捜査員を配置し、部屋の前までやってきた捜査員たち。扉にそっと耳をあてると、室内からは、かすかに物音が聞こえる。中にいるのは指名手配中の男なのか。

次ページインターホンを鳴らして出てきたのは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。