タピオカブームの影に潜む「ポイ捨て」の深刻さ

捨てられた容器の見るにたえない無残な様子

渋谷や原宿で捨てられていたタピオカミルクティーの容器。中には飲み残しのタピオカがあり、腐っていた(2019年6月、猪谷千香撮影=東京都渋谷区)(写真:弁護士ドットコム)

今、タピオカミルクティーが空前のブームになっている。東京では、原宿や渋谷、新宿などで若い世代を中心にテイクアウトしたタピオカミルクティーを飲みながら歩く姿がみられる。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

InstagramなどのSNSには、「#タピる」「#タピ活」などというハッシュタグとともに、おしゃれな容器に入ったタピオカミルクティーの写真が数多く投稿されている。タピオカミルクティーの店舗情報やレビューが掲載された専門のアプリもある。

TBS系「マツコの知らない世界」(5月28日放送)でもタピオカミルクティーを特集。都内だけでも300店舗以上あり、中でも激戦区である渋谷区には78店舗がひしめいていると放送された。しかし、ブームの陰で、Twitterなどでは「タピオカミルクティーの容器がポイ捨てされている」という報告も増えている。

6月の週末、記者がブームの最先端である渋谷駅からキャットストリートを通って原宿まで歩いてみた。そこで見つけたのは、道端に放置されて飲み残されたタピオカが腐り、清涼飲料水容器の回収ボックスに突っ込まれているタピオカミルクティーの残骸だった――(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)。

自動販売機のリサイクルボックスに突っ込むカップル

渋谷の宮下公園のあたりから、原宿方面へと延びる遊歩道がある。通称、キャットストリート。1km程度の道には、おしゃれな店舗が立ち並び、週末ともなれば大勢の人がぶらぶらと歩いている。

キャットストリートに入ってまず驚いたのは、タピオカミルクティーを持っている人の多さだ。若い女性だけでなく、若い男性、年配の人たち、海外からの観光客、とにかく道ゆく人が手にしている。

建物の植え込みに捨てられたタピオカミルクティーの容器(写真:弁護士ドットコム)

しかし、キャットストリートに入ってすぐ、「渋渋」の愛称で知られる渋谷教育学園渋谷中学高等学校付近の建物の植え込みに、捨てられたタピオカミルクティーの容器を2つ見つけた。容器の底にはたくさんのタピオカが残っている。何日放置されているのかわからないが、腐っているようだった。小さな虫もたかっていた。

次ページ表参道に到着するまでの30分程度歩いただけで…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。