「芸能人の政権批判」にアメリカ人が寛容な理由

佐藤浩市は「三流俳優」とまで非難されたが

仮に役者が堂々と「特定の人をモデルにしました」と宣言したとしても、アメリカで『空母いぶき』なみの炎上が起こるとは、まずありえない。モデルにされたと言われた本人も、内心では面白くないにしろ、公に何かを言うことはしないはずだ。

そんなやり方は、政治家ジョークを定番とするアメリカのテレビ界では、生ぬるいほうだからである。

例えば、人気バラエティーショー「サタデー・ナイト・ライブ(以下、SNL)」では、大統領、大統領候補者、閣僚、政治家は、つねに実名でジョークのネタに挙げられる。ここ3年ほどは俳優のアレック・ボールドウィンが演じるトランプが大好評だが、過去にはウィル・フェレルがジョージ・W・ブッシュのバカっぷりを誇張する名演技をして、人気を集めた。

<左画像はアレック・ボールドウィン演じるトランプ大統領:https://www.youtube.com/watch?v=4_Gf0mGJfP8 、右画像はウィル・フェレル演じるジョージ・W・ブッシュ元大統領:https://www.youtube.com/watch?v=lpkRFHSpvGI>(画像:Saturday Night Liveの公式YouTubeより)

トランプの下で報道官を務めたショーン・スパイサーを演じたメリッサ・マッカーシーは、この役でエミー賞を受賞している。ターゲットになるのは共和党の政治家と関係者だけではない。最近も、次期選挙で民主党代表を狙うジョー・バイデン前副大統領のジョークが大ウケした。

アメリカで権力を持つ者、あるいはそれを狙う者にとって、バラエティーショーでネタにされるのは税金みたいなもの。それが嫌なら、選挙に出ないほうがいい。トランプは何度か「SNL」やボールドウィンを批判しているものの、ほかの政治家はみんな黙って受け入れてきている。

批判を逆手に取ったヒラリー

そういう状況なのだから、逆に、政治家側も利用すればいいのである。「嫌われ者」のイメージに悩まされたヒラリー・クリントンはまさに、「SNL」を、有権者に向けて自分の寛容さとユーモアのセンスをアピールするために使った。

2015年の選挙キャンペーン中、サプライズ出演で彼女が演じたのは、ヴァルという名のバーテンダー。彼女が勤める店にケイト・マッキノン演じるヒラリーがやってきて会話を交わすという筋書きだ。つまり、ヒラリーはパロディー版の自分と共演したのである。

劇中では、マッキノン演じるヒラリーが、ヴァルに「あなたはとても話しやすい人ね」と言い、ヴァルことヒラリー本人は「そんなことを言ってくれた人はこれまでいなかったわ」と答えるというやりとりもあった。そんな自虐的ジョークもやってみせたのはあっぱれながら、その努力が最終的に実らなかったのは、誰もが知るところである。

次ページ政治家に「求められる資質」とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT