「社員は家族です」という経営者の甘え

会社はあくまでも「取引先」でしかありません。

取引先の業績が悪いというのであれば、新しい取引先を探す(転職する)のは普通のことです。間違っても、会社と心中するなんてことはありえません

このような考え方は、一見、冷徹なように思えるかもしれませんが、会社と社員がお互いに適切な距離を保つことは、経営者と社員双方が「甘え」の気持ちを持たなくなるという点でも意義があります。

家族のような身内だと、どうしてもなあなあになってしまい、お互いに約束が守れなくなったりすることがありますが、「取引先」は完全な他人ですから、約束はしっかり守らなければなりません。残業をすれば当然、残業代は払われますし、一方で社員の側も、給料の額に見合うだけの仕事をきっちりと果たす責任があります。

お互いに「よい関係」であるためには、距離は近すぎてはいけないのです。

会社と「取引先」として付き合うために

それでも多くの会社は、社員に対して会社との距離を縮めることを強要してきます。最後に、そういった強要に打ち勝って、会社と「取引先」として付き合う心を忘れない方法を紹介しましょう。

いちばん手っ取り早いのは、転職サイトに登録することです。

別に、本当に転職しろと言っているわけではありません。ただ、「転職する未来だってある」ということを意識できれば、それで十分です。転職サイトで求人を眺めているだけでも、今の会社でずっと働くだけが未来ではないんだ、ということがよくわかります。本当に転職したいと思ったら、そのときは本腰を入れて会社を探せばよいでしょう。

あるいは、規模は小さくてもよいので、会社とは関係ない自分のためのビジネスを始めてみるのもお勧めです。

そういうビジネスで本当に満足行くだけのおカネを得ることは、決して簡単ではないですが、少なくともチャレンジするだけで「今の会社がすべてではない」ということは意識できるようになります

みなさんが、会社とうまく距離を保ち、健全な関係を維持できることを祈っています。

※書籍『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』 刊行記念キャンペーン開催中です! 詳しくはコチラから!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT