iPhoneを「あのルーペ」のように使う方法がある

「アクセシビリティ」を使っていない人は損だ

また、一時的に画面の向きを固定化することもできる。iPhoneの場合、画面の自動回転はオンか縦固定のみしかできないが、アクセスガイドであれば、横の状態で固定できる。SafariでPC用のサイトを寝ころびながら見ているようなときは、横位置で固定してしまうと頻繁に画面が回転しないため、わずらわしさから解放される。

この機能を利用する方法は次のとおり。まず、「設定」の「一般」にある「アクセシビリティ」で「アクセスガイド」を選択し、「アクセスガイド」をオンにする。アクセスガイド用のパスコードもここで設定できる。次に、制限をかけたいアプリを開いた後、ホームボタンもしくはサイドボタン(iPhone X系の場合)をトリプルクリックすると、アクセスガイドが起動する。

アクセスガイドが起動したら、画面左下に表示された「オプション」をタップする。ここで無効にしたものが、利用できなくなる仕組みだ。無効にできる項目は、「ホームボタン(サイドボタン)」「ボリュームボタン」「動作」「キーボード」「タッチ」「辞書検索」「時間制限」の7種類。YouTubeを子どもに見せたいようなときは、音量を設定したあと、すべてを無効にしておくといいだろう。画面上の一部だけ、操作を無効にする設定にも対応する。

設定が終わったら、画面右上にある「開始」をタップすると、アクセスガイドが有効になる。終了させたいときは、ホームボタン(サイドボタン)を再びトリプルクリックした後、パスコードを入力すればよい。Face IDやTouch IDも利用できるが、この場合はダブルクリックで終了させる。

いったん設定すると、トリプルクリックだけで、すぐに設定した状態でアクセスガイドが有効になる。iPhoneを他人に渡すことが多いという人は、使いこなせるようにしておきたい。

3.iPhoneのカメラをルーペ代わりに使える「拡大鏡」

紙に印刷された小さな文字を読むときに便利なルーペだが、つねに持ち歩くのは少々面倒。そんなときは、iPhoneのカメラが役に立つ。とはいえ、通常のカメラアプリを起動すると、拡大縮小のためにピンチイン・ピンチアウトをしなければならず、片手では使いづらい。片方の手でiPhoneの本体を支え、もう一方の手でピンチインなり、ピンチアウトなりをしなければならないからだ。

カメラを使って目の前のものを拡大表示する「拡大鏡」(編集部撮影)

そんなシーンで役立つのが、アクセシビリティの中にある「拡大鏡」の機能だ。この拡大鏡は、ホームボタン(サイドボタン)のトリプルクリックで起動できるため、カメラアプリのアイコンをタップするよりスムーズに呼び出せる。しかも、あらかじめ、画面下部にズームのためのバーが表示されているため、片手での操作も簡単にできる。まさに拡大鏡として使えるユーザーインターフェースになっているというわけだ。

また、拡大鏡は、フラッシュをライトのように使えるため、暗い場所でも利用できる。ライトを使いたいときは、画面左下に表示されているフラッシュのマークをタップすればよい。右下にある設定用のボタンをタップすると、明るさやコントラストを変更したりといったことも可能となる。

端末を固定したままだと腕が疲れてしまうが、iPhoneの拡大鏡は写真も撮ることが可能だ。これは、一般的なルーペにはない、iPhoneならではの機能といえるだろう。ここで撮った写真は拡大鏡に一時的に保存されるだけで、通常のカメラのように本体に保存されるわけではないため、頻繁に使っても、後から不要な写真を消す必要がない。まさにルーペ代わりに使える機能といえるだろう。

拡大鏡は、標準だとオフになっているため、アクセシビリティでオンにしておく必要がある。先に挙げた他の機能と同様、「設定」アプリの「一般」から「アクセシビリティ」を開き、「拡大鏡」をタップして、「拡大鏡」のスイッチをオンにすればよい。

CMで話題になった“あの”ルーペほどの耐久性はないかもしれないが、iPhoneさえあればすぐに使うことができ、デジタルならではの機能性も備わっている。きっと、「iPhoneの拡大鏡、だぁ~いすき」と思えるはずだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。