浮かれた株式相場が払うことになる巨額のツケ

ますます行きすぎる楽観、現実は一段と悪化

ところが、同日は午前8時半(現地時間)にGDPが発表されたが、寄付きからしばらくは、前述の「インテルショック」で株価指数は下振れした。GDPについても、「在庫投資がGDPを押し上げた度合い(寄与度)が前期から拡大している」、つまり「それなりに生産高は膨らんだが、売れずに在庫に積み上がった度合いが大きくなっている、これはそれほど景気が良いと言える内容ではない」、との慎重な評価が優勢だった。株価指数が上振れを強めたのは、午後に入ってからなので、GDPの数値が株価を押し上げたとは理解しがたい。

つまり、先週末のアメリカの株価指数の動きは、インテルの収益見通しが、楽観に過ぎる投資家の見解をいったんは腰折れさせた。だが、これまで株価指数が上値追いをしてきたため、その株価の勢いに釣られた心理的な楽観が解消されず、「何となく大丈夫だろう」という投資家が午後から押し目買いを強めた、ということに過ぎなかったのではないだろうか。

すなわち「楽観論の勢いの尻尾」あるいは余勢が残っているだけで、実態面の裏付けを欠いていると考える。いずれ企業収益の減益という事実が、楽観の尻尾をつぶしにくるのではないかと懸念する。

アメリカの株式市場では、物色の広がりが弱い

またアメリカの株式市場で、物色の動きをみると、前述のように、 NYダウ、S&P500、ナスダック総合指数といった株価指数は強い。だが、より多くの銘柄から算出されているラッセル2000は、最高値から9%ほど下に位置する。つまり、幅広く多くの銘柄が買い上げられているわけではなく、特定の銘柄に買いが集中している状況だ。

さらに、好調に推移しているS&P500指数の中身を見ると、S&P500指数のなかに、バリュー指数(割安株指数)とグロース指数(成長株指数)というものがある。「バリュー÷グロース」の比率を計算してみると、2000年のITバブル期にならぶ低水準だ。

つまり、ITバブル期は、その名の通りIT株(当時の代表的なグロース株)ばかりが買われ、その行き過ぎが崩壊して全体相場が下落したという動きになった。今回もグロース株(いわゆるGAFA株などを含む)ばかりが買われている、という状況だ。GAFAなどの「花形銘柄」を、実態の裏付けを欠きながら、株価の勢いを頼みに買い上げよう、といった足元の物色の柱がそのうち力尽きて、ITバブル期と同様の結末に進めば、株価全般の大きな調整が生じかねない。

こうした「浮かれ相場」は、アメリカの株式市場だけではなく、社債市場でも目に付く。昨年末は企業収益に対する警戒から、社債が全般に売られていたが、株式市況の楽観と並行的に、目先の高利回りにも誘われて、企業の財務リスクを軽視した社債の買いが再発している。株式市場でも債券市場でも、「懲りない面々」による危険な物色動向が強まるばかりだ。

次ページ日本株の動向も、実態悪化と比べてかい離がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT