「印象が薄い人」は自分の掘り下げが浅すぎる

"刺さる自己PR"、プロならこうやって考える

自分の過去の棚卸しはできていますか? 「あなた」という人間が伝わるエピソードは“刺さる自己PR”に不可欠です(写真:Fast&Slow/PIXTA)
「就活生」にとって最大の山場となるのが採用面接。特に話し方に自信のない口下手な人は、緊張がピークに達し、頭が真っ白になることもあるだろう。そんなとき、渾身の出来の「自己PR」を持っていればこれほど心強いことはない。
そんな面接官の心に刺さる自己PR作りをアドバイスするのが、経営者や政治家のスピーチライティングを務めるひきたよしあき氏だ。ひきた氏が伝授する「面接のマイルストーン」とは?

うまく自己PRができる「3つのマイルストーン」

就活生の皆さんの中には、「自己PRがうまく作れない」と悩んでいる人もいるでしょう。その気持ちは非常によくわかります。

ずいぶん昔になりますが、私自身が就職活動中に博報堂のOB訪問をしたとき。かなり自信のあったエントリーシートを見せたところ、バッサリ切られてしまったのです。

「深みがない。まったく印象に残らない。君の人生は、本当にここに書かれた薄っぺらいものでしかないのか」

これにはガンとやられました。

そんな私は、今では小学生から政治家までにスピーチや演説をアドバイスする「スピーチライター」を務めています。これまで、実にたくさんのスピーチを聴いてきた中で、うまい人の話には、川面にポンポンと等間隔に石が浮いているような「話の目印」があることに気づきました。それにヒントを得て編み出したのが「3つのマイルストーン」です。

この「3つのマイルストーン」に沿ってスピーチすれば、つまずいたり、横道にそれたりせず、首尾一貫した“伝わる話”ができるようになる。しかも、相手の共感や納得、時には感動までをつくり出すことができるのです。

次ページ就活に生かせる「面接のマイルストーン」は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。