「印象が薄い人」は自分の掘り下げが浅すぎる

"刺さる自己PR"、プロならこうやって考える

自分の過去の棚卸しはできていますか? 「あなた」という人間が伝わるエピソードは“刺さる自己PR”に不可欠です(写真:Fast&Slow/PIXTA)
「就活生」にとって最大の山場となるのが採用面接。特に話し方に自信のない口下手な人は、緊張がピークに達し、頭が真っ白になることもあるだろう。そんなとき、渾身の出来の「自己PR」を持っていればこれほど心強いことはない。
そんな面接官の心に刺さる自己PR作りをアドバイスするのが、経営者や政治家のスピーチライティングを務めるひきたよしあき氏だ。ひきた氏が伝授する「面接のマイルストーン」とは?

うまく自己PRができる「3つのマイルストーン」

就活生の皆さんの中には、「自己PRがうまく作れない」と悩んでいる人もいるでしょう。その気持ちは非常によくわかります。

ずいぶん昔になりますが、私自身が就職活動中に博報堂のOB訪問をしたとき。かなり自信のあったエントリーシートを見せたところ、バッサリ切られてしまったのです。

「深みがない。まったく印象に残らない。君の人生は、本当にここに書かれた薄っぺらいものでしかないのか」

これにはガンとやられました。

そんな私は、今では小学生から政治家までにスピーチや演説をアドバイスする「スピーチライター」を務めています。これまで、実にたくさんのスピーチを聴いてきた中で、うまい人の話には、川面にポンポンと等間隔に石が浮いているような「話の目印」があることに気づきました。それにヒントを得て編み出したのが「3つのマイルストーン」です。

この「3つのマイルストーン」に沿ってスピーチすれば、つまずいたり、横道にそれたりせず、首尾一貫した“伝わる話”ができるようになる。しかも、相手の共感や納得、時には感動までをつくり出すことができるのです。

次ページ就活に生かせる「面接のマイルストーン」は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT