「印象が薄い人」は自分の掘り下げが浅すぎる

"刺さる自己PR"、プロならこうやって考える

自分の過去の棚卸しはできていますか? 「あなた」という人間が伝わるエピソードは“刺さる自己PR”に不可欠です(写真:Fast&Slow/PIXTA)
「就活生」にとって最大の山場となるのが採用面接。特に話し方に自信のない口下手な人は、緊張がピークに達し、頭が真っ白になることもあるだろう。そんなとき、渾身の出来の「自己PR」を持っていればこれほど心強いことはない。
そんな面接官の心に刺さる自己PR作りをアドバイスするのが、経営者や政治家のスピーチライティングを務めるひきたよしあき氏だ。ひきた氏が伝授する「面接のマイルストーン」とは?

うまく自己PRができる「3つのマイルストーン」

就活生の皆さんの中には、「自己PRがうまく作れない」と悩んでいる人もいるでしょう。その気持ちは非常によくわかります。

ずいぶん昔になりますが、私自身が就職活動中に博報堂のOB訪問をしたとき。かなり自信のあったエントリーシートを見せたところ、バッサリ切られてしまったのです。

「深みがない。まったく印象に残らない。君の人生は、本当にここに書かれた薄っぺらいものでしかないのか」

これにはガンとやられました。

そんな私は、今では小学生から政治家までにスピーチや演説をアドバイスする「スピーチライター」を務めています。これまで、実にたくさんのスピーチを聴いてきた中で、うまい人の話には、川面にポンポンと等間隔に石が浮いているような「話の目印」があることに気づきました。それにヒントを得て編み出したのが「3つのマイルストーン」です。

この「3つのマイルストーン」に沿ってスピーチすれば、つまずいたり、横道にそれたりせず、首尾一貫した“伝わる話”ができるようになる。しかも、相手の共感や納得、時には感動までをつくり出すことができるのです。

次ページ就活に生かせる「面接のマイルストーン」は…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。