片手にスッポリと収まる超小型パソコンが登場

片手にスッポリと収まる超小型パソコンが登場

手のひらサイズの超小型パソコンが静かな人気だ。

 ターボリナックスが3月に発売した「wizpy(ウィズピー)」は、縦8.4センチメートル、横4.2センチメートル、重さ50グラムと携帯電話より小柄なボディに、基本ソフト(OS)のリナックスを搭載。一般のパソコンにUSB接続すると、リナックス環境で起動できる仕組みだ。メールブラウザやウィンドウズオフィスと互換性のある表計算・ワープロソフトなども組み込まれている。接続したパソコン側にはいっさいデータは残らないため、ネットカフェのパソコンで仕事のメールを送受信しても安心という。

 さらに、「iPod」のような携帯型音楽・映像プレーヤーとしても使える。価格は2万9800円(小容量版の2ギガバイト)と、同容量のプレーヤーと比べると1万円程度高い。が、ターボリナックスは「パソコン兼プレーヤー」という付加価値性の高さで、市場を獲得する狙いだ。

 名付け親は、萌え系アイドルの小倉優子さん。ただ、購入者層は“アキバ系”の若者ではなく、「30代のサラリーマンが中心」(同社事業推進本部)という。リナックスOSを一般消費者にも浸透させようと開発されたウィズピー。まずは高感度のビジネスマンの心をつかんだようだ。

(書き手:杉本りうこ)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT