中国ラッキンコーヒー、「スタバ超え」の突破力

開業1年で2000店、さらに倍増以上に拡大へ

ラッキンコーヒーで頼んだアメリカンコーヒー。ブランドモデルには、中国で有名な俳優や女優を起用している(記者撮影)

スマートフォンのアプリで注文すれば、店頭で並ばずにコーヒーを受け取れる。そんなカフェが今、中国で話題を集めている。

配車サービスを手がける神州優車の元COO、銭治亜氏が2017年に設立したカフェチェーン「luckin coffee(ラッキンコーヒー)」は、2018年1月に北京と上海に店を構え、そこから店舗網を急拡大。わずか1年で、総店舗数は2000店舗超に達した(2018年12月末時点)。さらに、2019年末までに4500店舗越えを目指すという。

現時点で中国最大のカフェチェーンであるスターバックスが、20年前に中国に初出店してから現在に至るまでに3600店舗を出店している。ラッキンコーヒーの出店スピードは、それをはるかに陵駕しているのだ。

ラッキンコーヒーにとって追い風になっているのが、現地におけるコーヒー消費量の拡大だ。中国のコーヒー消費量は年率15%で成長している。三井物産北京事務所の岸田英明シニアアナリストは「中国の1家庭あたりの可処分所得は、昨年の時点で1万2000ドル(133万円)超。都市部は1万5000ドル(167万円)に届くところまできた。

この域になると、嗜好品や付加価値の高いサービスの需要が増えてくる」と指摘する。所得の拡大に伴い、中国でも嗜好品であるコーヒーをたしなむ人が増えてきている、というわけだ。

専用アプリで注文し、スマホ上で決済

3月下旬、中国・深圳のショッピングモールに店舗を構えるラッキンコーヒーを訪れてみた。

顧客がラッキンコーヒーでコーヒーを注文するには、事前に専用のアプリをダウンロードする必要がある。そのアプリの画面に並んだコーヒーやサンドウィッチなどのメニューから、顧客は買いたい商品を選んでスマホ上で決済する。このように、あらかじめアプリを通じて商品を注文しておき、出来上がりの通知が来たらお店に取りに行く。

客が注文した商品を受け取る際は、QRコードをかざす(記者撮影)

実際に店頭では、男性客が並ぶこともなく、スマホをQRコード読み取り機にかざして商品をスムーズに受け取っていた。

ラッキンコーヒーでは店頭での受け取り以外にも、指定した場所に店舗から配送してもらえるサービスもある。購入金額55元(914円)以上であれば、無料で配送してくれる。受け取り場所が近くなると、ラッキンコーヒーの配送員が近くまで来ていることを電話で顧客に知らせる。

配送員は客に直接コーヒーを手渡しすることもあれば、会えなかったときは指定した場所にコーヒーを置いていくこともある。

次ページスタバとの価格差は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。