2014年上半期、1ドル=110円台も

2013年のドル円上昇率は21%、1979年に次ぐ

12月31日、ニューヨーク外為市場では、ドル/円が小幅上昇し105円台前半となった。都内で2011年8月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ニューヨーク 31日 ロイター] -

ドル/円    終値   105.28/30

始値   104.94/95

前営業日終値   105.12/15

ユーロ/ドル  終値   1.3748/53

始値   1.3783/84

前営業日終値   1.3801/03

12月31日のニューヨーク外為市場では、ドル/円が小幅上昇し105円台前半となった。米独の2年債利回り差が拡大したことからドルは対ユーロでも値を上げた。

終盤の取引でドル/円は105.28─30円と前日の105.12─15円から上昇した。

ユーロ/ドルは1.3748─3753ドル。前日は1.3801─03ドルだった。

年初からの上昇率ではユーロが主要通貨で最も大きく、対円では26%、対ドルでは4%以上となる見込み。

ロイターのデータによると、ドル/円の年間の上昇率は21%と1979年に記録した23.7%に次ぐ大きさとなっている。

三井住友銀行のシニア・グローバルマーケッツ・アナリストの岡川聡氏は、2014年上半期中にドルは110円まで上昇した後、一時的に100円を割り込み、終盤は再び110円台に乗せると予想している。

ヘッジファンド、シー・ビューのポール・チャペル最高投資責任者(CIO)は、主要7か国のうち、米国の経済指標が比較的堅調となることが予想され、ドルが上昇する公算が大きいとの見方を示した。一方、ユーロは年明け後数日間で下落する可能性があるとしている。

人気記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。