2014年上半期、1ドル=110円台も

2013年のドル円上昇率は21%、1979年に次ぐ

12月31日、ニューヨーク外為市場では、ドル/円が小幅上昇し105円台前半となった。都内で2011年8月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ニューヨーク 31日 ロイター] -

ドル/円    終値   105.28/30

始値   104.94/95

前営業日終値   105.12/15

ユーロ/ドル  終値   1.3748/53

始値   1.3783/84

前営業日終値   1.3801/03

12月31日のニューヨーク外為市場では、ドル/円が小幅上昇し105円台前半となった。米独の2年債利回り差が拡大したことからドルは対ユーロでも値を上げた。

終盤の取引でドル/円は105.28─30円と前日の105.12─15円から上昇した。

ユーロ/ドルは1.3748─3753ドル。前日は1.3801─03ドルだった。

年初からの上昇率ではユーロが主要通貨で最も大きく、対円では26%、対ドルでは4%以上となる見込み。

ロイターのデータによると、ドル/円の年間の上昇率は21%と1979年に記録した23.7%に次ぐ大きさとなっている。

三井住友銀行のシニア・グローバルマーケッツ・アナリストの岡川聡氏は、2014年上半期中にドルは110円まで上昇した後、一時的に100円を割り込み、終盤は再び110円台に乗せると予想している。

ヘッジファンド、シー・ビューのポール・チャペル最高投資責任者(CIO)は、主要7か国のうち、米国の経済指標が比較的堅調となることが予想され、ドルが上昇する公算が大きいとの見方を示した。一方、ユーロは年明け後数日間で下落する可能性があるとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT