米10年債利回り、3%超に

2011年7月以来、約2年半ぶりの高水準

12月27日、米指標10年債利回りが3.02%まで上昇し、約2年半ぶりの高水準をつけた。写真はシカゴの取引風景。2010年8月撮影(2013年 ロイター/John Gress)

[ニューヨーク 27日 ロイター] -27日の取引で米指標10年債利回りが3.02%まで上昇し、約2年半ぶりの高水準をつけた。米連邦準備理事会(FRB)が2014年に資産買い入れを縮小するのに備え、国債保有を減らす動きが広がっている。

ロイターのデータによると、10年債利回りは一時、2011年7月以来の高水準となる3.02%まで上昇。直近では前日終盤から約3bp上昇の3.019%をつけている。価格は7/32安。

2年債と10年債の利回り格差も11年7月以来のワイドな水準となる2.61%に拡大。前日時点では2.58%、前週の水準は2.51%だった。

10年債利回りは年初来1.25%ポイント上昇している。

FRBは前週の連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れ額の縮小を発表する一方、短期金利は当初の想定より長期間ゼロ近辺に維持する構えを示した。

DRWトレーディングの市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏は「経済指標が予想を上回る一方で、FRBは一段と長期にわたり緩和姿勢を維持すると表明していることから、将来的にインフレが加速する可能性が高まっており、こうした観測が10年債利回りを押し上げている」と指摘した。

ただ、クリスマス休暇明けで商いが薄いことを踏まえ、3%台乗せをそれほど重要視しない見方も出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT