米10年債利回り、3%超に

2011年7月以来、約2年半ぶりの高水準

12月27日、米指標10年債利回りが3.02%まで上昇し、約2年半ぶりの高水準をつけた。写真はシカゴの取引風景。2010年8月撮影(2013年 ロイター/John Gress)

[ニューヨーク 27日 ロイター] -27日の取引で米指標10年債利回りが3.02%まで上昇し、約2年半ぶりの高水準をつけた。米連邦準備理事会(FRB)が2014年に資産買い入れを縮小するのに備え、国債保有を減らす動きが広がっている。

ロイターのデータによると、10年債利回りは一時、2011年7月以来の高水準となる3.02%まで上昇。直近では前日終盤から約3bp上昇の3.019%をつけている。価格は7/32安。

2年債と10年債の利回り格差も11年7月以来のワイドな水準となる2.61%に拡大。前日時点では2.58%、前週の水準は2.51%だった。

10年債利回りは年初来1.25%ポイント上昇している。

FRBは前週の連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れ額の縮小を発表する一方、短期金利は当初の想定より長期間ゼロ近辺に維持する構えを示した。

DRWトレーディングの市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏は「経済指標が予想を上回る一方で、FRBは一段と長期にわたり緩和姿勢を維持すると表明していることから、将来的にインフレが加速する可能性が高まっており、こうした観測が10年債利回りを押し上げている」と指摘した。

ただ、クリスマス休暇明けで商いが薄いことを踏まえ、3%台乗せをそれほど重要視しない見方も出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT