東野圭吾、僕が自腹でスノボ大会を開く理由

一生懸命にやっている人の励みになりたい

――大会をやりたいと、いつごろから考え始めたのでしょうか。

3年ぐらい前から仲間内で、「こういうことできないかな?実際にやるとしたら、いくらかかるの?」って話はしていたんですよ。それを五味さん(実業之日本社文芸出版部の五味克彦氏、元スノーボード指導者)などに相談しているうちに、一度開いてみようという話になって。まずはやってみて、費用の規模がとても続けられないようなものになったらやめよう、となったのです。

みんなが面白いようにつくって

――現時点では開催費用のうち、東野さんはどれぐらいを拠出しているのですか。

東野氏はスノーボードやゲレンデを題材に作品を書くこともある(写真:梅谷秀司)。70分に及ぶインタビューの全編『東野圭吾の秘密(仮)』は、5月に配信するメーリングブックでお読みいただけます。こちらのフォームからご登録いただけましたら、配信開始時にメールでご案内いたします。

ほぼすべてです。ありがたいのは、開催スタッフをみんなが手弁当で務めてくれていることです。人員まで費用を出して集めるとなったら、とんでもない費用規模になっていました。

――どういった人がスタッフをしているのでしょう。

それはもう、スノーボードが好きな人たちです。そこに僕はすごいなと感心しているんです。みんな冬場は各地のゲレンデで、バラバラに活動しています。インストラクターだったり、スキー場の運営に関わるいろんな仕事だったり。みんなそれぞれの本業があるので、本音を言うと2月とか3月に開きたいんですが、できないんですよ。

――まったく歴史もない新しい大会に、多くの人が手弁当で集まってくれるのはなぜでしょう。

面白いからだと僕は信じています。スノーボードが好きな人に、「みんなが面白いようにつくって」と好きなようにしてもらっている大会ですから。

昨年の表彰式の模様。国内最高の賞金額は今年も変わらない(写真:スノーボードマスターズ実行委員会)

昨年、初めて開いた時には、選手の反応がすごくよかった。すごくベタなのですが、「こんな大会をつくってくれて、ありがとうございます!」って言ってもらえたんです。みんな、こういう機会に飢えていたのかもしれません。とにかくすごく喜んでくれたので、決して的外れなことはしていないかなと思っています。

次ページ励みのひとつになれるんじゃないかと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。