スタートトゥデイも参戦、沸騰するC2C市場

「STORES.jp」を作った光本勇介氏が語る

――ストアーズ・ドット・ジェーピーで作られたオンラインストアは現状6万店超。将来の目標は。

光本 1人1つのブログやツイッター・フェイスブックのアカウントを持つように、1人1つのオンラインストアを持つ文化を作りたい。ストア数でいえば、数百万、数千万単位になる。究極的には、私たちのサービスを通じて日本の1億2000万人総商人時代が作れたら面白いと思う。

初めて誰かと会った後にその人のツイッターやフェイスブックを見るのはごく普通のことになっているが、それと同じような感覚で自分のオンラインストアのURLを自分の名刺に書き、オンラインストアを覗き合うようになればいい。「この人はオンラインストアの世界観や商品もセンスがいいな」「この人はハンドメイドの趣味があるんだ」というような発見もありそうだ。個人間での売買が新しい経済圏を生むかもしれない。

マスサービスになれば文化が変わる

――「そうはいっても売る物がない」と言う人も多そうだ。

光本 ブログができる前は、オンラインの日記を書かないといけない人はいなかった。だがブログはマスサービスになり、ブログを書くという文化が広がった。それと同じように、1人1つのオンラインストアを持つという文化が普及し、「ちょっと仕入れてこういう物を売ってみようかな」「何か作って売ってみようかな」と皆が自発的に考えるような時代になればいいと考えている。

――2013年はC2CのEC市場が急拡大した。14年はどうなると思うか。

光本 ECが誕生したのを第1 EC革命とすれば、2013年は新しいフェーズが始まる第2 EC革命の年だったと思う。これまでのECは、楽天市場のようなショッピングモール、それもB2C(企業から個人への販売)という形態だった。ところが今年、オンラインストアを誰でも持てるようになり、ストア数も参入する人の数も一気に増えた。サービス面でもこの1年でいろいろな発見があった。

とはいえ、私たちがやっているのはまだ6万店超のレベル。目指している数百万、数千万店までのギャップは非常に大きい。今後マスサービスになればなるほど、幅広い層のニーズをとらえていかないといけない。それに合わせてサービスも変化していくと思う。市場としても、スタイルとしても、C2Cはまだ全く確立されていない。毎日模索を続けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT