キティがハリウッドで世界デビューする皮算用

サンリオの壮大な計画、真の狙いを読み解く

ただし、サンリオのメインキャラクターはあくまでハローキティ。海外でのライセンス収入の大半はキティ関連が占める。そのハローキティがテーマの映画が世界規模で公開されれば、苦戦している海外のライセンスビジネスにとって大きなプロモーション効果が期待できるというわけだ。

今回の映画化の契約では、ハローキティだけでなく、サンリオが保有するほかのキャラクターも映画で使用できるとみられる。「まずはハローキティが中心の映画となるが、ヒットすれば、ほかのキャラクターを主役にしたスピンオフ映画など、第2弾・第3弾の映画化も期待できる」(サンリオの伊藤保人・映画準備室部長)。これが実現すれば、海外でのほかのキャラクターの人気向上にも、つながることになる。

今回の映画化のプロジェクトは、約3年前から進んできたもの。2016年3月頃に映画化の打診がサンリオ本社に届き、ニュー・ライン・シネマ社の社長とプロデューサーのボー・フリン氏が来日、サンリオの辻信太郎社長と面会したことが始まりだった。

その後、ほかの複数のハリウッドのメジャースタジオからも映画化の打診があった中から、「サンリオの理念、ハローキティやほかのキャラクターへの理解が深かった」(伊藤部長)として、同社に映画化権を許諾することを決定。詳細の交渉を経て、ようやく契約が締結され、映画製作の発表ができる段階になった格好だ。

あえてリスクを獲りに行ったサンリオ

むろん、映画の世界では、進行中の企画が途中で頓挫するケースもある。たとえ無事に公開されたとしても、ハローキティの認知度や好感度を世界的に高めるようなヒットにつながるかどうかは未知数である。

日本が誇る人気キャラクターは、映画化をきっかけに再び世界でブームを巻き起こすことができるか。ハローキティのハリウッド映画デビューの成否は、サンリオの今後の再飛躍のカギを握ることになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。