「追い出し部屋」で40代女性が見た異様な光景

社員の「自主退職」を促す会社のズル賢さ

その背景には、この部署特有の事情もあると考えられる。心を病んで休職していた社員ばかりであり、復職したからといって100%能力を発揮できるわけではない。だから、仕事量の面で配慮してほしいと要求するのは当然かもしれない。もっとも、配慮を要求された側も、同じように心を病んで休職していた社員であり、自分に与えられた分以上の仕事をこなす余裕はないはずだ。

しかも、与えられる仕事のほとんどが肉体労働というのも大きいようだ。この部署に集められた社員の多くは、もともと事務仕事に従事していた。私の外来を受診した女性もそうだったので、この部署で重い段ボール箱やマネキンなどを運ぶように命じられたときは、「なぜこんな仕事をさせられるのか」と当惑したという。

何よりもこたえたのは、単純作業の繰り返しだった。この女性は、20年以上百貨店に勤務し、事務仕事を几帳面にこなしてきた。だから、事務仕事に関しては知識も技術もあるというプライドがあった。ところが、これまでやってきた仕事とはまったく関係のない肉体労働をやらされ、プライドがズタズタに傷ついた。そのうえ、毎日のように言い争いがあるので、疲れ果ててしまった。

追い打ちをかけるように、慣れない肉体労働のせいで腰痛にも悩まされるようになり、ほとほと嫌気がさしている。「事務仕事に戻してほしい」という希望を人事部に伝えたものの、「同じように希望して待っている人が多いので、いつになるかわからない」という答えが返ってきた。そのため、憂鬱な日々を送っており、最近はさすがに転職を考え始めたが、年齢的なこともあって現在の職場と同水準の収入を得られる仕事は見つかりそうにない。

この部署は「追い出し部屋」なのか?

『一億総他責社会 』(イースト新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

もしかしたら、この部署はいわゆる「追い出し部屋」なのかもしれない。心の病で休職していた社員ばかりを集めて、「リハビリのため」という名目で肉体労働をさせるのは、それぞれの社員が嫌になって自分から辞めると言い出すのを待つ作戦なのではないか。この部署で社員が互いに攻撃し合うことも見越したうえで、その退職促進効果に期待しているのではないかとさえ疑いたくなる。

もちろん、この部署が「追い出し部屋」であることを百貨店側は決して認めないはずだ。おそらく、「心の病で休職していた社員の職場復帰ができるだけスムーズにいくように、一カ所に集めて精神的負担の少ない仕事をさせている」といった答えが返ってくるだろう。

もっとも、精神的負担が少ないどころか、実際には言い争いで疲れ果て、プライドも傷ついて、精神的に参っているのがこの部署の社員の現状である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT