親が子を「欠けた月」と見るから不幸せになる

家で過ごす時間が少ない父親にできること

(マンガ:うだひろえ)

「うちの夫、発達障害だと思うんです」

お子さんの発達障害を心配して私のクリニックに来られるお母さんが、「先生、うちの夫も発達障害なんじゃないかと……」とおっしゃること、実は珍しくありません。冗談ではなく、本気でそう思っていらっしゃるのです。

その理由となっているのは、「夫が私の気持ちをまったく理解してくれない」「私の気持ちを察することができない」というもの。でも皮肉なことに、母親がこういう思いでご主人に接していると、お子さんも見事に父親と似た心の症状を示してきます。

私はこういうケースに相対したとき、お子さんをどうこうするより先に、まずはご夫婦で、ご自身の育てられ方や過去の記憶を振り返っていただいています。その際にお伝えするのが「満月理論」という考え方です。

次ページ「満月理論」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。