トランプ大統領が執務室の肖像画を変えた「謎」 なぜいつのまにかリンカーンになったのか

印刷
A
A

そしてもっと混乱になりそうなのは、大統領選の本戦が、独立系を含めた3人以上の候補者で争われ、結果的に選挙人獲得で誰も過半数に届かないケースだ。

2020年の大統領選は、下院が決める事態に?

その場合は、たとえトランプ大統領が選挙人の獲得でトップになったとしても、下院が各州1票の投票で大統領を決めることになる(上院は副大統領を決める)。現在、下院は総数では民主党が上回っているが、州別の優位性をみると共和党が過半数を超える26州で優勢だ。だが中身は僅差であり、不祥事などで途中議員が辞職し、民主党議員になると、全体の構図が変わる。さらに、共和党系から独立候補が出ると、トランプ票が奪われる可能性があり、こちらの展開も予断を許さない。

そういえば、相場で有名な債券王のジェフリー・ガンラック氏は、先のインタビューで「2020年の大統領選は4人の候補者の争いになるかもしれない」と述べており、まさに大混乱が予想される。いずれにしても、このケースは憲法で規定され、過去に実例もあるためトランプ大統領も文句は言えない(実例はトランプ大統領が肖像画を掲げるジャクソンがJ・Q・アダムズ(6代目)に負けたケースである)。 

さて、最後にもう一度相場のイメージに戻ろう。今後のカギはやはりFEDの動向だ。FEDはタカ派をいったん止めたとはいえ、関係者は縮小させてきたバランスシートの最終目標に直接言及はしていない。だが先の議会証言で、別の角度からの質問に対し、ジェローム・パウエルFRB議長は、日銀の当座預金に当たるリザーブは「1兆ドル前後が望ましい」と答えた。リザーブはバランシート削減に準じて減ってきており、現在1.4兆ドルが1兆ドルになるには、現在4兆ドル弱のバランスシートが3.6兆ドル程度になれば達成される計算だ。

ならば、今のペースなら、第2四半期にはFEDのバランスシート縮小は終わる。これは株にも債券にも好材料である。ただし、もし米中貿易協議が妥結すれば、FEDが懸念した悪材料の一つが消える。つまり、バランスシートの削減は終わっても、利上げの復活はありうると言うことである。

いずれにしても、今の金融市場は実態経済よりも流動性過多の状態で、値動きは人間ではなくAIが先導している。ならば新高値を更新した翌月に、昨年の安値を切るような荒っぽい値動きもありうるということだ。2019年の1・2月の株の上昇幅は1987年以来だというが、同年の株式市場がどんな終わり方をしたのか。中央銀行の量的緩和の時代に株式を始めた若い人たちは、今一度確認しておいた方がいいかもしれない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT