中国人民銀、短期金融市場に約5兆円供給

中国の短期金利、6月の金融逼迫以来の水準に

12月20日、中国人民銀行は、市場動向に対応し、3日間で短期金融市場に3000億元超を供給したと発表した。写真は100元紙幣。上海で2011年1月撮影(2013年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 20日 ロイター] -中国人民銀行(中央銀行)は20日、短期金利の急上昇に対応し、3日間で短期金融市場に3000億元(494億ドル)超を供給したと発表した。

人民銀は、銀行システム内の過剰流動性は1兆5000億元を超えているとし、歴史的に見て「比較的高水準」にあるとしている。

人民銀は国内短期金融市場の状況について、これ以上直接的に言及はしなかったものの、主要な商業銀行は流動性管理の改善に向け、資産と負債の調整を行う必要があるとの見解を示した。

中国の短期金利は3日連続で上昇し、この日は6月の金融ひっ迫以来の水準に達した。流動性が再びひっ迫するとの懸念から、中国本土の株価が急落するなどの影響が出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT