米朝会談決裂に大揺れ「韓国」の暗いシナリオ

韓国で政治的イデオロギー戦争が始まった

米朝首脳会談決裂は、文在寅大統領にとっては想定外の事態だった(写真:Yonhap via REUTERS)

米朝首脳会談後の混乱が収まらぬ中、韓国のある保守的日刊紙が一大スクープと思われる記事を掲載した。アメリカ側が「寧辺(ヨンビョン)核施設」から数キロ離れたところにある、地下に建設された巨大ウラン濃縮施設の閉鎖も求めたため、交渉が決裂した、と中央日報紙が報じたのである。

身元が明らかにされていない諜報機関職員によると、この秘密施設は当時知られていた寧辺の濃縮施設よりも古いうえ、5倍も大きいという。同記事によると、首脳会談にかかわった北朝鮮人側はその場で一様に驚き、その結果、アメリカとの交渉が決裂したというのである。

国家情報院から情報がリークされた可能性も

この報道が正しいかどうかは現時点ではわからない。だが、ここに書かれている情報の1つは確実であるようだ。それは、この情報の出どころは、こうした情報にアクセスできる唯一の機関、大韓民国国家情報院(NIS)だということである。

NISの徐薫院長は、韓国国会議員との非公開会議でこの報告を直ちに否定した。 しかし、韓国の官庁(特にNIS、外務省、防衛省)や軍部に、現政権による北朝鮮政策に反対する人々がいることはいまや韓国の公然の秘密である。

「徐薫院長は間違いなく政権側についている」と、韓国との親密な関係を持つアメリカ政府の元高官は話す。「しかし、現在の政策に反対する人は、NIS内にもいる」。

韓国の文在寅大統領は、米朝首脳会談の結果に対して可能な限り落ち着いた対応を示し、北朝鮮とアメリカが交渉を再開するように調停努力を強化すると約束した。文大統領は韓国の対北朝鮮核交渉担当者を首都・ワシントンに派遣し、6日にアメリカの北朝鮮問題特別代表であるスティーブ・ビーガン氏や日本の外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と会談した。文政権は交渉の勢いを取り戻す、と息巻いている。

文政権派の中には、米朝首脳会談でアメリカ側が強硬姿勢を崩さなかったことが、合意の妨げになったと批判する人たちもいる。たとえば、丁世鉉元統一部長官は、与党が主催した懇談会の席でジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、ほかの核施設の存在を持ち出して「意図的に」協議決裂の引き金をひいた、と語った。中には、アメリカと北朝鮮による合意が成立しないように、日本がトランプ大統領に働きかけた、と主張する人さえいる。

次ページアメリカのことは公然と非難できない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。