不正利用?覚えのない決済が通知されたら

安全に使える「用途別」最新のカードはどれか

アプリと連携したカード決済サービスが増えてきた。でも、身に覚えのない利用明細が突然通知されたら、どうする?(写真:hanack/PIXTA)

ある日の深夜、午前2時半。LINEのトークに突然、連続で11件ものメッセージが……「LINE Payカード」を利用した決済の通知でした。でもまったく身に覚えがない、どうしたらいいの? 

そのときの体験からお話ししましょう。

私は普段使いのメインカードとして「LINE Payカード」を利用しています。LINEが発行するこのプリペイド(前払い)方式のカード、年齢制限や与信審査もないので誰でも簡単に申し込みできますし、それに何より、買い物の支払いとかチャージとか、お金の動きがあったときは、その都度、LINEアプリのトークに通知が届きます。自分がカードで支払った金額などをリアルタイムに確認できるから、安心です。海外で利用する際は適用されたレートがすぐに確認できて、これも嬉しい機能です。

いざというときはスマホアプリで利用停止できる

今回、深夜にベッドで眠っているときに不正利用の疑いのある決済を確認できたのも、LINE Payカードの特徴である、この通知システムのおかげです。通知に気づいた私は、すぐにスマホのアプリでカードの利用を停止しました。

LINE Payカードの停止手順(筆者撮影)

それでも、寝ぼけているあいだに11件もカード決済されてしまいました。もっと早く、怪しい使われ方に気づいて利用停止していれば、「被害」を少なく防げたかもしれません。 

次ページクレジットカードだったら被害拡大していた?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT