不正利用?覚えのない決済が通知されたら

安全に使える「用途別」最新のカードはどれか

アプリと連携したカード決済サービスが増えてきた。でも、身に覚えのない利用明細が突然通知されたら、どうする?(写真:hanack/PIXTA)

ある日の深夜、午前2時半。LINEのトークに突然、連続で11件ものメッセージが……「LINE Payカード」を利用した決済の通知でした。でもまったく身に覚えがない、どうしたらいいの? 

そのときの体験からお話ししましょう。

私は普段使いのメインカードとして「LINE Payカード」を利用しています。LINEが発行するこのプリペイド(前払い)方式のカード、年齢制限や与信審査もないので誰でも簡単に申し込みできますし、それに何より、買い物の支払いとかチャージとか、お金の動きがあったときは、その都度、LINEアプリのトークに通知が届きます。自分がカードで支払った金額などをリアルタイムに確認できるから、安心です。海外で利用する際は適用されたレートがすぐに確認できて、これも嬉しい機能です。

いざというときはスマホアプリで利用停止できる

今回、深夜にベッドで眠っているときに不正利用の疑いのある決済を確認できたのも、LINE Payカードの特徴である、この通知システムのおかげです。通知に気づいた私は、すぐにスマホのアプリでカードの利用を停止しました。

LINE Payカードの停止手順(筆者撮影)

それでも、寝ぼけているあいだに11件もカード決済されてしまいました。もっと早く、怪しい使われ方に気づいて利用停止していれば、「被害」を少なく防げたかもしれません。 

次ページクレジットカードだったら被害拡大していた?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。