麻生、二階、菅、「安倍政権3本柱」にあつれき

「ポスト安倍」で3実力者の権力闘争に火ぶた

こうした3氏の言動やあつれきが永田町の耳目を集めるのは「3人の実力者の主導権争い」(細田派幹部)との見方が多いからだ。3氏の首相との距離は三者三様だ。麻生氏は首相の長年の盟友で後見人も自認し、「首相の精神安定剤」と呼ばれている。二階氏は首相と主義主張が異なるが、「首相を支持することで党内影響力を拡大している」(自民幹部)ことに加え、「剛腕だけに首相も切るに切れない関係」(同)とみられている。無派閥の菅氏は第1次政権以来、重要閣僚などで首相を支え続け、「人事などで辣腕を振るい、霞が関を支配する官邸主導の張本人」(財務省幹部)との評がもっぱらだ。

政界では「敵の敵は味方」「昨日の敵は今日の友」が常識で、とくに派閥領袖など実力者の人間関係は「めまぐるしく変化するのが当たり前」(自民長老)とされる。3氏もこれまでの政局で対立と連携を繰り返してきたが、第2次安倍政権発足以降は、首相支持を前提に協力することで、それぞれの立場を強めてきた。自民党内では「昨年9月の総裁3選で首相の任期が区切られたことで、麻生氏ら実力者3氏の主導権争いが始まった」(自民幹部)と解説する向きが多い。

狙いはキングメーカー

二階氏80歳、麻生氏78歳、菅氏70歳と、3氏とも首相(64歳)よりかなり年上だ。ただ、麻生氏は副総理兼財務相に就任した際、側近に「首相が突然退陣したら受け皿になる」と胸を張ったとされる。また、二階氏も第2次政権発足の段階では「機会があれば総裁選に挑戦も」と意欲も見せた。一方菅氏は、岸田氏、石破茂元幹事長、加藤勝信総務会長と並んで一部メディアで「岸(岸田)破(石破)義(菅)信(加藤)」などと紹介されるなど、ポスト安倍の一角に名が挙がっている。ただ、現状では「3氏の共通項はポスト安倍でのキングメーカー狙い」(自民長老)との見方が支配的だ。

首相側近の加藤勝信総務会長は27日の講演で「国民から『さらに』という声が出てくれば、そうした状況が生まれるかもしれない」と首相の総裁4選論にも触れた。これは2月10日の自民党大会後に二階氏が「4選」に言及したことを踏まえたものだ。首相は「次はない」と笑って否定するが、「これもポスト安倍での神経戦の一環」(首相経験者)とみる向きが多い。ただ、麻生氏ら3氏のあつれきが深まれば、現在の安倍1強体制も揺らぐだけに、参院選後の党・内閣人事も含めて首相の頭痛の種ともなりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。