三菱地所社長が語る「丸の内の大家」が向かう先

「観光立国日本」の魅力を世界へ発信する

三菱地所株式会社・吉田淳一社長に聞く「飛躍のアルゴリズム」。キーワードは「“丸の内の大家”から世界へ」。働き方改革などで、オフィスをめぐるニーズや価値観が刻々と変化していく中、“丸の内の大家”はどこへ向かおうとしているのか。

“オフィス不要論”もささやかれる中で―

――やはり三菱地所というと“丸の内の大家さん”というイメージが強いのですが、今、働き方改革で在宅勤務が広がっていくと、オフィスの需要がそこまであるのかと心配してしまうのですが。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

そうですね。人口減少社会というのはもう避けて通れません。働き方改革も、各企業で進んできているということで、一時、オフィス不要論というようなものも、ささやかれてきました。

しかし、我々は、やはり人と人がコミュニケーションをとって新しい価値を見出していくということの大切さというものを、常に意識しながら、本当に求められる空間づくりを考えていかなければならないと思っております。

海外でも、フェーストゥフェースというのは、重要性が高まっていると思います。それは、やはり人と人が交流してこそ、新たなアイデアが生まれますし、本当の信頼というものを築けるかというのは、やはりフェーストゥフェースが大事になってくると思っています。

やはりそういったことに役立つオフィス空間・エリアづくりというのは、これからも重要性はあると自信を持っているところです。

次ページ丸の内から丸の外へ、世界へつたえたい
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。