日本高野連が待った、「球数制限」議論は進むか

新潟県高野連が導入予定も、再考を要請した

「球数制限」に関する反論の中には、「試合だけで球数制限をしても仕方がない」とか「球数制限をすれば、わざとファウルを打って相手投手の球数を増やす『待球作戦』が横行する」という意見もある。それはそのとおりだ。

「球数制限」は、単にその制度の導入にとどまるだけではなく、高校野球が「勝利至上主義」から「子どもの健康第一主義」「スポーツマンシップ尊重」などへと大きく舵を切る端緒だと位置づけるべきである。問題が起こるたびに、その観点から議論があってしかるべきだろう。

繰り返しになるが、「投手の障害予防に関する有識者会議」は、高校野球や少年野球の現場で何が起こっているか? 野球選手の「健康障害」の実態はどういうものなのか? 世界の少年野球の健康管理はどういう趨勢なのか? などの情報を出席者が共有したうえで行う必要がある。

東京オリンピックまでに結論も

そして会議の期間は最長で1年にすべきだろう。来春の選抜高校野球からは、「球数制限」などの新しい制度を取り入れてほしい。

来年は、東京オリンピックが開催される。世界から多くのスポーツファンやスポーツジャーナリストが日本を訪れる。彼らの前で昨夏の甲子園のような、見方によっては「虐待」とも受け取られかねないスポーツイベントを繰り広げることが、世界にどんな印象を与えるかについても考える必要があるだろう。

鈴木大地スポーツ庁長官が球数制限について「若い人の障害予防の観点から好ましい」と述べている。

ただ、野球関係者の中には「野球をやったこともない人たちが勝手なことを言っている」と感情的になっている人もいるようだ。

「野球」は選手や指導者だけのものではない。野球関係者が「やるべき改革」を十分に推進できないのであれば、「野球をやったこともない人たち」も参加して、未来志向の改革を行うタイミングにさしかかっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT