「英語は小さい頃に始めた方がいい」という誤解

やみくもに幼少期に始めても意味がない

また子どもにとってネイティブ・スピーカーに、器用に何か話しかけるなどは難しいことです。むしろ耳にした英語を同じような場面で「模倣」して使えるといいでしょう。その点、物語に出てくる英語を耳にしてドラマ・メソッドなどで物語の登場人物になり、英語に気持ちをのせてセリフなどが言えると、子どもは達成感を感じられるのではないでしょうか。

英語習得のカギを握る主体的な態度

「主体性(主体的に学ぶ)」

母語は外界からの影響を受けて自然に身につけられます。「自然に」とは、「覚えよう! 話せるようになりたい!」などと思うことなく身につけることです。

外国語環境で英語を身につける場合はそうはいきませんが、言葉の習得に子どもの主体的な態度や姿勢は大いに効果があります。「海外に行ったときに英語を使ってみたい」「外国の人と話をしたい」といった動機をもって主体的に英語を学ぶことが、実は最も重要なことだと思います。

ただし、短時間で身につけられるものではないので、子どもが長期にわたって主体的に学べるようなプログラムが必要です。子どもは楽しく感じて、やりがいや達成感を感じることが長く学び続けられる秘訣。少し高い、ちょっと頑張れば超えられるハードルを個々の子どもに設定できるプログラムがいいでしょう。また共に学ぶ仲間も必要です。仲間がいると母語習得と同じように他者から学んだり、他者の言葉を模倣したりしながら言葉を身につけていけます。

これからの子どもが使用していくことになるのは、「世界英語」としての英語です。それはアメリカやイギリスだけをお手本にしていては理解することはできません。

それらの国以外、例えばインドやマレーシアなどでは、独特のアクセントや発音をもった英語が話されています。これからはそのような英語の多様性に柔軟に対応できなければ、「国際語としての英語」を身につけているとはいえないでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT