鳥貴族「メガハイボール」投入で客単価減の誤算

既存店売上高は13カ月連続の前年割れに

鳥貴族の既存店売上高は13カ月連続の前年同月割れに。値上げ以降、厳しい状況が続いている(撮影:今井康一)

焼き鳥居酒屋チェーン、「鳥貴族」の客離れが止まらない――。

同社の2019年1月の既存店売上高は、前年同月比7.8%減という厳しい結果だった。これにより、既存店売上高は13カ月連続の前年割れ。つまり、前年割れの状況が2周目に突入し、長期化している。

「出店ペースが速すぎた」

鳥貴族は2017年10月に、人件費や食材の仕入れ価格の高騰を理由に、全品280円均一から298円均一への値上げに踏み切った。すると、4カ月後の2018年1月から客数減が顕著になった。値上げが一巡した2018年10月以降もズルズルと減り続け、さらにこの1月も5.5%の減少となった。

集客力低下に歯止めがかからないのはなぜか。鳥貴族の大倉忠司社長は2018年10月に行った東洋経済のインタビューに対し、「客数減の要因は値上げだけでなく、出店ペースが速すぎたことによる自社競合も大きい」と答えた。実際、2018年4月~7月にかけて客数の落ち込みが大きかったが、この間は矢継ぎ早に出店していた時期であり、月間の店舗純増数(出店数-退店数)が2桁増となっていた。

加えて、競争環境も激化している。鳥貴族の店舗が構える商業ビルの別フロアに、同社よりも安い「270円均一」を掲げる他チェーンが入居してくるケースもある。「鳥貴族はいつも混んでいる」とのイメージもあり、実際には店舗数が増えて空席があっても、それが認知されずに競合他社に顧客が流れた事例もあるようだ。

さらに見過ごしてはいけないのが、値上げが一巡した2018年10月以降は客単価も減少に転じたことだ。同年10月から客単価は2~3%の減少が続いている。値上げによる客単価押し上げ効果が2~3%程度だった。つまり、客単価は値上げ前の水準に戻った形だ。

次ページなぜ客単価が減ったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。