巨匠ウディ・アレンと組んだアマゾンの大失敗

我が子に復讐されるアレンの奇妙な監督人生

だが、彼のフィルムメーカーとしてのキャリアは、思いもかけず打ち切られてしまった。そして、そのなりゆきに誰よりも満足を感じているのは、おそらく彼の実の息子である。

アレンの複雑すぎる親子関係

ジャーナリストのローナン・ファローは、ミア・ファローとアレンの間に生まれた息子で、アレンの性的虐待を告発したディランの弟だ。

アレンの息子でジャーナリストのローナン・ファロー(写真:Jon Kopaloff/FilmMagic)

『カフェ・ソサエティ』がカンヌでプレミアする直前の2016年5月、彼は、海外メディア『The Hollywood Reporter』に、「ハリウッドはなぜ今も性犯罪者である父をちやほやするのか」と非難するエッセイを寄稿した。それは業界内である程度注目されたが、まだ「#MeToo」前のことで、受け流されている。

だが、実は、それはローナンによる警告だった。ローナンは、その頃からハーベイ・ワインスタインのセクハラやレイプについての取材を始めており、2017年10月に『New Yorker』に、暴露記事を掲載するのである。その数日前に出た女性記者2人による「New York Times」と合わさって、ハリウッドにはたちまち「#MeToo」運動が起こり、ローナンと「New York Times」の記者らはピューリッツァー賞を受賞した。

昨年4月、LGBTコミュニティのカレッジ(勇気)賞を受賞した席でも、ローナンは、「世の中にはまだ、権力があるために責任を問われずにいる人がいる。僕の姉が、ウディ・アレンのせいでそれを経験させられている。姉がアレンに責任を求めたのは勇気がいること。僕は彼女を讃える」とコメントしている。

つまりアレンは、娘にしたことの復讐を、息子によって果たされたのである。それも、とても頭が良く、才能を持つ人物でないとできないやり方でだ。それだけでもアレンの映画にありそうな筋書きだが、さらにもう1つひねりがある。ローナンの父親はフランク・シナトラではないかという噂があるのだ。ローナンが生まれる前、ミア・ファローは、シナトラと浮気をしていたのである。

アレンにとって、アイデアは次から次に浮かんでくるものだそうで、紙に書かれたものが常にストックされてあるとのことだ。この一連のドタバタで、またもやすばらしいストーリーのアイデアが浮かんだことだろう。だが、その映画に出資してくれる人は、今のところ、少なくともアメリカには、いない。出演してくれる俳優にしても同じだ。

アレンのレガシーはここで終わるのか、それとも、この後にまだ思わぬ展開があるのか。続きは、ひたすら見守るしかない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT