鉄道模型「ジオラマとNゲージ」の深すぎる世界

撮影のプロ・金盛正樹さんが解説

東北・上越新幹線の開業に伴って行われた昭和57年11月のダイヤ改正では、上野発の在来特急が大量に廃止された。改正前日、上野駅には別れを惜しむファンが押し寄せたが、そのようすを再現したカットだ。「俺もこの中にいたよ」。専門誌掲載後にそんな声が多数寄せられた(写真:金盛正樹)
子どものころから鉄道模型に憧れていた鉄道ファンは多いだろう。実物そっくりな機関車、貨車、鉄橋、駅舎等々に心ときめかしたことがあるはずだ。鉄道模型にはディープな独特の世界が漂っている。「アサヒカメラ」2月号では、鉄道模型撮影の世界を特集。Nゲージ鉄道模型の撮影などを行っている金盛正樹さんが解説する。

私の鉄道写真には2本の柱がある。一つはごく一般的な実物の鉄道を撮ること。そしてもう一つが鉄道模型の撮影である。今回は後者の鉄道模型をより本物らしく撮る方法について、紹介してみたい。

一口に鉄道模型と言っても、世の中にはさまざまな線路幅、縮尺のものが存在する。私はその中で、日本で最も普及しているNゲージと呼ばれる規格の鉄道模型を撮影している。縮尺1/150、線路幅9ミリ。実物で全長20メートルの車両が、たった14センチほどになってしまう小さな模型である。線路はもとより、駅や建築物、樹木や人形に至るまで、大小複数のメーカーから豊富な部材が発売されており、システム的に非常に充実している。

モチーフは昭和40年代の上越線。24ミリのシフトレンズを用い、手前の列車全体にピントが合うよう、アオリ機能を生かしている(写真:金盛正樹)

私はこのNゲージの鉄道模型撮影に二十数年にわたって携わり、その間、メーカーの広告やカタログ、鉄道模型専門の雑誌や書籍の撮影を行ってきた。特に現在百数号が発行されている「N(エヌ)」という専門誌(イカロス出版刊)は、創刊から最新号に至るまで表紙と巻頭特集のメーンカットのほとんどを担当しており、私の代表作といっても過言ではない。さらに2016年にはキヤノンギャラリーで、おそらく前例のないNゲージをモチーフにした写真展「1/150の鉄道世界」を開催した。

ジオラマ作成と撮影は一期一会

ところで鉄道模型の撮影と聞いて、どのような写真を思い浮かべるだろうか? 車両をきっちりと撮るカタログ的な製品写真だろうか? もちろんそういった撮影もしているが、私が力を入れて取り組んでいるのは、風景の中の鉄道を表現した、いわゆるジオラマ写真である。ライティングや部材の配置を工夫して、どこかに実際にありそうなシーンに仕立てるのである。大概の場合、私には「海際を走る〇〇系電車」「深夜の駅を発車する寝台特急△△」といったザックリしたテーマが与えられるだけである。

次ページ同じ風景をもう一度作れない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。