「就職に失敗した人」がつい陥ってしまうワナ

仕事とは「必ず」やらなければいけない

そういった理不尽さや思いもしなかったことに遭遇して、それらにうまく対峙することが成長につながり、そしてその後の人生を実りあるものにしていくのです。

そしてその反対もしかり、つまりふさぎ込んで自分自身を過度に否定してしまいますと、この先の人生は負のスパイラルに陥ってしまいます。

頂戴した文章を拝見するに、風雲児さんは自己評価が高いと見受けられますし、ご自身としては就職活動にも非常に自信があったのでしょう。

しかしながら、今回の結果をしっかりと受けとめ、自分に足りなかった箇所が何かを考え、今後の人生にしっかりと生かしていくべきです。それができるか否かが今後の人生を左右します。

風雲児さんとしては自信があった。しかしその自信は面接官の心を動かすような情熱や熱意として伝わっていなかったのでしょう。その原因を考えることから、まずはスタートするべきなのです。

繰り返しですが、今回就職活動において本意でなかった結果に終わったからといって、風雲児さんという個人や人生が否定されたわけではありません。

たまたま今回のケースでは結果が思うようにいかなかった、という以上でも以下でもありません。

就職活動における失敗が人生の失敗では決してないのです。それを肝に銘ずるべきです。

就職活動における成否が風雲児さん自身の可能性も将来性も変えるものでは決してありません。

今後の人生をどう生きるかによって、この先いくらでも人生は楽しいものにもつまらないものにもなりえます。

鉄道との縁がすべて切れたわけではない

ここでふさぎ込んでしまって、書かれているように「生きる価値がない」などと言ってしまうようでは、この先どんどん人生が悪い方向に行ってしまいます。

そうでなく、今回の経験は自分自身を見直すよい経験であったと考え、仕事とは、人生とは、ということをご自身の中で再定義してみましょう。

就職活動で運転士になれなかった、鉄道会社に入れなかったということだけで鉄道に対する愛情や情熱が冷めてしまうような、そんな簡単な話ではないはずです。

鉄道に関わることは何も鉄道会社での仕事だけではないはずです。どういった関わりが人生の中でできるか、それをご自身で考えてみることで、今後の仕事や鉄道に向き合う方向性が見えてくるはずです。

繰り返しですが、就職活動の失敗だけで自分の今後の人生と可能性を自ら諦めてしまってはいけません。

逆境だからこそ自分自身の鉄道に対する情熱の深さも見えてくる部分もあるでしょう。

今後長い人生を歩んで行く中で、こんなことで諦めてはいけません。

風雲児さんが今回の経験を糧に、ご自身の人生や優先順位を再度見直し、一歩一歩前に進まれるであろうことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT