日経平均は再びあっさり2万円を割れるのか

市場には急速に「弱気論」が台頭している

しかも現在と、チャイナショックやブレグジット(英国のEU離脱)があった2015~2016年とは環境が違う(今の方が良好)というのが筆者の見方だか、逆に「2016年時より今の方が厳しい」との見方も増えている。

不透明感はかなり織り込んだ海外事情も、さらに不透明感が増せば買いにくいだろう。NYダウも直近安値2万1000ドル台から2万5000ドル台に戻したタイミングで、2月中メドにと期待した米中首脳会談がなくなり、欧州委員会によるユーロ圏の2019年実質経済成長見通しの1.9%から1.3%への大幅下方修正で、米中不安だけでなく、欧州の景気先行き不安も大きくなっている。世界貿易量を象徴するバルチック海運指数も、昨年7月24日の1774ポイントから先週木曜日には610ポイントとここまでの安値を更新した。これもまた買えない理由だ。

弱気になっていると「買い場」を逃す

では投資家はどうすればよいか。下がりそうだから売ればよいのか。ここで経済現象を表す別の指標であるLME(ロンドン金属取引所)の銅先物価格を見ると、昨年6月7日に7332ドル/トンの高値を付けた後、今年1月3日には5736ドル/トンまで低下したが、8日現在は6220ドル台となって戻り基調だ。また原油の代表的指標であるニューヨーク・マーカンタイル取引所で扱われるWTI原油先物も別の需給要因はあるものの、昨年クリスマス安値42.5ドル/バレルからちょうど約10ドル戻ったところでモミ合っている。

アメリカの利上げは目先なくなったが、ドル円は売られておらずさほど円高には進んでいない。同国の金融政策(FRBのバランスシート、FF金利調節等)の選択肢は豊富だ。利上げ停止だけでなく、FRBの資産規模を4兆ドル割れあたりで安定させることになると筆者は見ている。

一方、日本国内に目を向ければ、先週末発表の1月景気ウォッチャ調査では現状は12月の48.0から45.6に低下した。だが先行きは48.5から49.4に回復している。また、現在のドル円レートなら日本の今期企業業績は増収経常増益だ。最終利益は減益だが、日経平均予想EPS(1株当たり利益)は1700円台前半で下げ止まっている。今週の予定では、10-12月期GDP速報値が重要だが、自然災害が多発した7-9月期からは回復していると思われる。不安定な世界情勢の影響で予想は前期比年率+1%前半の低調な数字だが、上振れも見込まれる。

2万1000円の壁突破のカギになるのはやはり個別株だ。テーマ株には事欠かない。サンバイオは売られたが、筆者は今年の柱の1つは薬品株だと思っている。またいつのタイミングでも突破口は「新しい技術」だ。それは、自動車と電気関連だけにあるわけではない。今年は5G元年だ。または、花王(30期連続増配)型の優良銘柄を地道に探すと言う方法もある。とにかく買いにくいところを買った者が勝者になる確率が高いことは、歴史が証明している。今はまさに買いにくい所だが、弱気になり過ぎると買い場を逃すと思っている。

以上を勘案、今週の予想レンジは2万円~2万0700円とする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。