日経平均反落、超えられない2万1000円の厚い壁

企業業績に不透明感、再度の調整局面入りも?

 2月7日、東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株安を受け、朝方から売りが先行。買い材料の乏しさも意識され、一時は下げ幅を200円超に拡大した。写真は都内で昨年9月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株安を受け、朝方から売りが先行。買い材料の乏しさも意識され、一時は下げ幅を200円超に拡大した。6日に大幅増益決算と自社株買いを発表したソフトバンクグループ<9984.T>がストップ高となり、日経平均を166円押し上げる要因となったが、トヨタ<7203.T>、ソニー<6758.T>などの主力株が業績の先行き不透明感から売られ、日経平均を押し下げた。あすのオプションSQ(特別清算指数)算出を控えたポジション調整売りも出たとみられている。

TOPIXは0.83%安で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆5553億円だった。東証33業種では情報・通信を除く32業種が値下がり。石油・石炭、パルプ・紙、鉱業、不動産などが値下がり率上位となった。日経平均は引き続き2万1000円が抵抗線として意識された。市場では「日経平均ボラティリティー指数<.JNIV>が20ポイントを下回っているにもかかわらず、株価が上がらない状況が続いている。楽観的な見方も出ている米中関係は根本的に変わらず、日本株は再び調整局面に入る可能性も否定できない」(eワラント証券投資情報室長の小野田慎氏) との声が出ていた。

個別銘柄では、UACJ<5741.T>が大幅反落。同社は6日、2019年3月期の連結当期利益見通しを前回予想の100億円から15億円に下方修正した。中国市場の急激な減速や米中貿易摩擦の影響などで主力製品のIT材や液晶・半導体製造装置用厚板の需要が大幅に減少した。半面、マツダ<7261.T>は続伸。6日に発表した2019年3月期業績予想の上方修正を好感した。連結出荷台数の増加や固定費などの見直しなどが寄与した。

東証1部の騰落数は、値上がり489銘柄に対し、値下がりが1575銘柄、変わらずが63銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20751.28 -122.78

寄り付き    20812.22

安値/高値   20665.51─20844.77

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1569.03 -13.10

寄り付き     1577.35

安値/高値    1563.3─1578.52

 

東証出来高(万株) 125075

東証売買代金(億円) 25553.31

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。