中食で静かなブーム、「生から惣菜」って何?

「生の食材」使った総菜を考案した陰の主役

群馬県を中心に展開する食品スーパーとりせんは2016年に「生から惣菜」を導入。現在では全60店舗で販売している。導入2年目は前年比4倍増、導入3年目も前年比1.3倍増のペースで伸びている。好調な店舗では1日120パックが売れるほどの人気商品に成長した。

群馬県は猛暑になりやすく、夏場は生肉の販売が落ち込む傾向がある。火を使う調理が嫌われるためだ。生肉が売れ残ると収益上は大きなダメージとなる。「そこで、火を使わないメニューを模索していたところ、『生から惣菜』を知りチャレンジすることにした」(とりせん)。「生から惣菜」は冬場に人気が出そうなイメージがあるが、調理に火が不要であることから、春夏メニューの充実にも貢献する。

「生から惣菜」のメリットとして、商品を作りだめできることが挙げられる。特に野菜は天候によって価格が乱高下するが、安いときに仕入れて商品にして冷蔵しておけばコスト削減になる。また、ゴミ処理や生ぐさいにおいもなく、調理に手間がかからないため、魚の販売増加にも貢献する。

目標は売り上げ5倍増

エフピコは過去4年間に食品メーカーなど104社と提携してメニュー開発に取り組んできた。食品メーカーにとっても売り上げ拡大に直接結びつくので、その取り組みにも熱が入る。

エフピコはこれまでディスカウントストアや百貨店、レジャー施設などへの売り込みを検討したが、マンパワーが不足していた。今後は食品メーカーの社員がエフピコのカバーしきれなかった方面に販売を強化する。

今後の目標について同社ストア支援事業部の前田知司ジェネラルマネージャーは「『生から惣菜』がどの店でも当たり前に売られている状況を目指す」という。前田マネ-ジャーによれば、潜在的な需要を考えれば現在の5倍売れてもおかしくないとのこと。高齢化や一人暮らし世帯の増加が追い風となり、総菜は生からレンジで調理するのが常識になる日は近いかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。