「ボヘミアン・ラプソディ」監督セクハラの余波

フレディ役マレックのアカデミー賞は確実か

シンガーの素行の悪さは公開前からこの作品にくっついて回ってきている。今作は作品としての出来でも評価が大きく分かれるが、アカデミー賞の作品賞を狙ううえで、もちろんそれはネガティブな要素だ。

賞の授与者である映画芸術科学アカデミーが採用している作品部門の投票方法は、投票者が1位から最下位まで順番をつけ、「1位」票が最も少ないものを外すという作業を繰り返すというもの。単純に作品が嫌いなのであれ、監督に嫌悪感があるのであれ、反感をもたれる要素がある同作は不利である。

さらに過去の事例を見るかぎり、作品賞を取るためには監督部門への候補入りが必須だ。監督部門に食い込まずして作品賞を取った例は、過去90年に4回しかない。監督部門ノミネーションに投票するのは監督として同アカデミーに所属する人たち。映画を完成させてもいないのにクレジットだけはもらったシンガーを当然のことながら、この人たちは候補入りさせていない。

「The Atlantic」の記事が出る前から、状況はそんな感じだった。だから、あの記事がシンガーの悪行を再び生々しく思い出させたとしても、8本ある作品賞候補作の順位に及ぼす影響は、微々たるものといえる。

フレディ演じたラミ・マレックに再注目

だが、マレックに関しては違う。彼にとっては、思わぬ追い風になりうるのだ。監督のひどい人格に改めて脚光が当てられるなか、そんな人と現場でぶつかりつつも、あれだけ立派な演技をやってみせたことに対して、さらなる支持が集まることは十分考えられる。

特に、現場を経験している人は、共感と同情をおぼえやすい。実際、俳優が俳優仲間に対して投票する1月27日の全米映画俳優組合賞(SAG)で、マレックは、それまでずっと筆頭候補と考えられてきたクリスチャン・ベールを出し抜き、主演男優賞をサプライズ受賞している。

彼に「同情票が集まる」と言うのは失礼な感じがするので、あの報道の影響もあって「彼の演技が改めて見直されるきっかけが生まれた」と言うことにしよう。言い方はどうあれ、アカデミー賞には、こういった小さな変化が大きく作用する。

「The Atlantic」の記事が出てすぐ、シンガーは「同作が賞レースで注目されているタイミングをわざと狙ったのだ」とする非難の声明を出した。だが、これに怒っているのは彼だけ。プロデューサーも、スタジオも、特に困ってはいない。

だから、ファンも心配する必要はない。シンガーもこんな負け惜しみの声明を出す時間があるのなら、晴れてマレックがアカデミー賞を受賞した日に向けて、今から祝福のメッセージを用意するべきである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。