「3学期がしんどい」子どもたちの言えない思い

卒業式、卒業アルバムも重荷

■新年度から行く親子の約束問題

もう一つよくあるのが、「新年度から学校へ行くから」と、子どもから親に約束をしてくる場合です。

周囲の期待をすべて拒否するのも心苦しいがゆえの苦肉の策だったり、取り急ぎ学校の話題を避けたいなど、背景にはいろいろな理由が考えられます。

もちろん、子どもが心からそう思っていることもありますが、焦りの気持ちから出ている場合、この約束をすることで、かえって子ども自身が追い詰められる場合があります。

約束した後しばらくは安寧の日々が続きますが、新学期が近づくにつれ、本人のなかでカウントダウンが始まります。

えてして、約束したことを守ろうとしますから、カウントダウンするなかでのつらさは、子どもが本人のなかだけで抱え込んでしまいかねないのです。

優先すべきは?

なぜつらいのかと言えば、「今はそのタイミングじゃないのに、決断を迫られるから」です。

ただ待つだけでは大人も不安ゆえ、子どもが動き出すような働きかけをしたくなりますが、本人にとって時期尚早であれば、意味がありません。

そもそも、卒業式に出なくても、卒アルがなくても、人は生きていけます。

でも、本人のタイミングを無視して決断を迫るようなことを続けてしまうと、私が思うに、「その人ではなくなってしまう」のではないでしょうか。

周囲の雰囲気にあわせることなく、本人のタイミングを最優先する。それが「子どもを信頼する」ということだと、私は思います。

(『不登校新聞』小熊広宣)

不登校の関連記事
不登校でピリピリしていた私、笑う回数が増えた場所
大人の大半が眉をひそめても、私がゲームを疎かにしない理由【フリースクール代表の方法】
ひきこもりメンヘラニートな私が恋愛してみた結果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT