乃木坂46も参入「アイドル小説」は広がるか

出版不況のなか軽々と10万部を突破

テレビ東京系「YOUは何しに日本へ?乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP」に出演した、手前1列目のバナナマンと乃木坂46メンバー。写真右上が高山一実さん(写真:日刊スポーツ新聞社、撮影:遠藤尚子)

乃木坂46の高山一実(24)のデビュー小説「トラペジウム」(KADOKAWA)が、13万部を超えるヒットとなっている。乃木坂46といえば、写真集を出せば最低5万部の発行は固いと言われ、エースの白石麻衣(26)の3rd写真集『パスポート』の累計売上は30万部以上を記録したほか、1月に発売された生田絵梨花(22)の2nd写真集『インターミッション』はなんと、初版発行部数で20万部を超えるなど、常に話題に事欠かない。

「乃木坂46も、欅坂46など系列グループのほうが話題を呼んでいて、グループとしての勢いは少し収まっているところです。卒業メンバーも増えて、今後の活動を視野に入れて個人として、しっかり名前を売る段階に来ている。写真集が爆発的に売れるメンバーもいますが、そうではない才能をしっかりと見せていって、今後の活動につなげたいという考えが運営側にもあるのだと思います」(芸能事務所関係者)

文芸界隈での評判は?

出版不況の中で、10万部以上も発行された小説となれば、大御所作家と肩を並べる数字となる。文芸界隈での評判はどうだろうか?

「率直に言えば、小説としてめちゃくちゃクオリティーが高いというわけではありません。ただ、もともとグループの中でも、しゃべれる面白キャラとしての立ち位置だったので、そうした彼女の視点がうまく入っている作品になっていました。そもそも高山さんの小説を買う層としては、そこまで本読みを狙ってるわけではなく、ライトな読者層。そういう意味でうまくマッチングしたんじゃないでしょうか」(出版社の営業担当者)

当記事は、AERA dot.の提供記事です

さて、この動きに続けとばかりに、元SKE48の松井玲奈(27)が初の単行本「カモフラージュ」(集英社)を4月5日に発売することを発表した。

「2018年に『小説すばる』(集英社)で発表された短編小説『拭(ぬぐ)っても、拭っても』をはじめ、同社ではその後もコンスタントに松井さんの小説を発表しており、本作はそれらをまとめたものです。

すでに小説発表の時点で反響はありました。4月発売の書籍がこの段階で話題になるのも人気があるタレントならでは。鉄道やアニメなどに造詣が深い彼女だけに、ファンからの期待も高いのだと思いますよ」(同)

次ページ文学賞を狙えるアイドルも将来的に出てくる!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT