「大坂なおみを白くした」日清CMの超時代錯誤

責任者が知るべき「黒人たちの奮闘の歴史」

日本人にとっても、すでに「ホワイトウォッシング」は、ひとごとではなくなっています(左写真:TPN/Getty Images、右画像:日清のYouTube公式チャンネルより)

今週の「アカデミー賞」候補作の発表で最も大きな話題の1つは、マーベル映画『ブラックパンサー』(2018年)が作品部門に入ったことだ。スーパーヒーロー映画がアカデミー賞に認められるのは、史上初めてのこと。だが、意義はそれだけにとどまらない。今作の主役は黒人たち。アフリカの架空の国・ワカンダの国民である彼らの活躍ぶりに、黒人だけでなくあらゆる人種の人々が、「かっこいい」とあこがれの気持ちをもったのである。

一方で、候補入りしたもう1つの作品『ブラック・クランズマン』(2018年)は、スパイク・リー監督による実話もの。この映画のはじめには、黒人リーダーの演説シーンがある。「自分たちの鼻は大きい、唇は分厚い、肌は黒い、それは美しいのだ」と、彼は会場に集まった黒人の若者たちに訴えかける。

『ブラック・クランズマン』の舞台は1970年代。それから50年近く経って、ついに世の中は黒人のスーパーヒーロー映画を傑作と受け入れるようになった。そのことにちょっと感慨を覚えていたら、海の向こう側で、時代に逆行するような出来事が起きてしまった。プロテニスプレーヤー・大坂なおみの「日清アニメCM問題」である。

「問題のアニメCM」の何がいけないか?

今は削除されたそのアニメCMで、大坂とされるキャラクターの肌の色は、本人のそれよりずっと白い。報道によると、日清食品HDは「意図的に白くした事実はない」と述べているとのことだ。

正直、意図的でなかったというのは信じがたい。あの色にするというのは、誰かが決めたはずだからだ。正しくは、「意図的だったが悪意はなかった」というところなのではないだろうか。「色の白いは七難隠す」という言葉もあるとおり、日本では昔から「色白」が美しさの指標の1つとされてきた。日本市場に出回る美白化粧品を見るだけでも、その価値観がいまだに非常に根強いことは明白だ。

しかし、それはまさに黒人たちが払拭しようと長年奮闘してきた、奴隷時代に白人の決めた古い価値観である。その価値観があまりに強く植えつけられているため、黒人の間でも、色が濃いか薄いかでコンプレックスがあったりする。1970年代に“ソウルの女王”のアレサ・フランクリンがリリースした「Young, Gifted and Black」 (若く才能豊か、そして黒人)という歌は、正しい価値観を若者たちに訴えかける歌だった。

次ページアメリカ人が目指す「真の多様化」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。