本日発売、「パズドラZ」に描くガンホーの野望 売り上げ僅少でもコンシューマー機に進出するワケ

拡大
縮小
「パズドラZ」の発売記念イベントには、ガンホーの森下社長(左)、タレントの中川翔子さん(中央)らが登場した

「スマートフォン版の企画を始めた段階から、ぜひ『3DS』でも出そうと決めていた。構想からは2年以上かかってしまったが、ようやくこの日を迎えられた」

12月12日に発売された、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」用ソフト「パズドラZ」。その記念イベントで、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下一喜社長は満面の笑みでこう語った。

今年11月時点で国内累計2100万ダウンロードを突破するなど、驚異的な大ヒットとなっているスマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」(通称、パズドラ)。2012年2月のサービス開始から2年近くが経過した今でも、iOS向け、アンドロイド向けとも国内売り上げランキングで1位をキープし続けている。

目下は海外展開も加速し、北米市場で200万ダウンロード、韓国でも100万ダウンロードを達成。英国など欧州7カ国でもサービスを開始した。

こうしたパズドラ人気をフルに満喫した2013年1~9月期は、売上高1162億円(前年同期比9.9倍)、営業利益685億円(同28.4倍)をたたき出している。月ごとのバラつきはあるが、単純平均で1カ月の売り上げは130億円、営業利益も76億円を稼いでいる計算となる。

次ページコンシューマー機は割に合わない?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT