本日発売、「パズドラZ」に描くガンホーの野望

売り上げ僅少でもコンシューマー機に進出するワケ

「パズドラZ」の発売記念イベントには、ガンホーの森下社長(左)、タレントの中川翔子さん(中央)らが登場した

「スマートフォン版の企画を始めた段階から、ぜひ『3DS』でも出そうと決めていた。構想からは2年以上かかってしまったが、ようやくこの日を迎えられた」

12月12日に発売された、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」用ソフト「パズドラZ」。その記念イベントで、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下一喜社長は満面の笑みでこう語った。

今年11月時点で国内累計2100万ダウンロードを突破するなど、驚異的な大ヒットとなっているスマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」(通称、パズドラ)。2012年2月のサービス開始から2年近くが経過した今でも、iOS向け、アンドロイド向けとも国内売り上げランキングで1位をキープし続けている。

目下は海外展開も加速し、北米市場で200万ダウンロード、韓国でも100万ダウンロードを達成。英国など欧州7カ国でもサービスを開始した。

こうしたパズドラ人気をフルに満喫した2013年1~9月期は、売上高1162億円(前年同期比9.9倍)、営業利益685億円(同28.4倍)をたたき出している。月ごとのバラつきはあるが、単純平均で1カ月の売り上げは130億円、営業利益も76億円を稼いでいる計算となる。

次ページコンシューマー機は割に合わない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。