本日発売、「パズドラZ」に描くガンホーの野望

売り上げ僅少でもコンシューマー機に進出するワケ

「パズドラZ」の発売記念イベントには、ガンホーの森下社長(左)、タレントの中川翔子さん(中央)らが登場した

「スマートフォン版の企画を始めた段階から、ぜひ『3DS』でも出そうと決めていた。構想からは2年以上かかってしまったが、ようやくこの日を迎えられた」

12月12日に発売された、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」用ソフト「パズドラZ」。その記念イベントで、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの森下一喜社長は満面の笑みでこう語った。

今年11月時点で国内累計2100万ダウンロードを突破するなど、驚異的な大ヒットとなっているスマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」(通称、パズドラ)。2012年2月のサービス開始から2年近くが経過した今でも、iOS向け、アンドロイド向けとも国内売り上げランキングで1位をキープし続けている。

目下は海外展開も加速し、北米市場で200万ダウンロード、韓国でも100万ダウンロードを達成。英国など欧州7カ国でもサービスを開始した。

こうしたパズドラ人気をフルに満喫した2013年1~9月期は、売上高1162億円(前年同期比9.9倍)、営業利益685億円(同28.4倍)をたたき出している。月ごとのバラつきはあるが、単純平均で1カ月の売り上げは130億円、営業利益も76億円を稼いでいる計算となる。

次ページコンシューマー機は割に合わない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT