日本電産の永守会長「一部で注文復活」

10─12月営業利益は29%減、中国需要急減

 1月23日、日本電産<6954.T>が発表した2018年10─12月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比29.8%減の311億円だった。米中貿易摩擦の影響で、中国市場での需要が急減した。2018年7月に都内で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 23日 ロイター] - 日本電産<6954.T>が23日発表した2018年10─12月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比29.8%減の311億円だった。米中貿易摩擦の影響で、中国市場での需要が急減した。

部門別の営業利益は、精密小型モーターが前年比26.6%減の150億円、家電・商業・産業用が同29.2%減の71億円、車載が同43.5%減57億円だった。

会見した永守重信会長は「12月が一番ひどい状況だったが、(通期業績予想の下方修正発表後の)この1週間で注文が復活し出したところも家電関係である」と説明。「大げさに言うほどの変化はないが、そういう話がぽろぽろ入り出した」と語った。

ただ「景況感は中国の次に欧州が悪化のトレンドに入っている」などとして「足元をみると、あまりいいところはない。全般的に悪い」と警戒感は崩さなかった。

売上高は前年比3.4%減の3767億円だった。

同社は17日に2019年3月期の連結業績予想を下方修正している。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。