日本電産の永守会長「一部で注文復活」

10─12月営業利益は29%減、中国需要急減

 1月23日、日本電産<6954.T>が発表した2018年10─12月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比29.8%減の311億円だった。米中貿易摩擦の影響で、中国市場での需要が急減した。2018年7月に都内で撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 23日 ロイター] - 日本電産<6954.T>が23日発表した2018年10─12月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比29.8%減の311億円だった。米中貿易摩擦の影響で、中国市場での需要が急減した。

部門別の営業利益は、精密小型モーターが前年比26.6%減の150億円、家電・商業・産業用が同29.2%減の71億円、車載が同43.5%減57億円だった。

会見した永守重信会長は「12月が一番ひどい状況だったが、(通期業績予想の下方修正発表後の)この1週間で注文が復活し出したところも家電関係である」と説明。「大げさに言うほどの変化はないが、そういう話がぽろぽろ入り出した」と語った。

ただ「景況感は中国の次に欧州が悪化のトレンドに入っている」などとして「足元をみると、あまりいいところはない。全般的に悪い」と警戒感は崩さなかった。

売上高は前年比3.4%減の3767億円だった。

同社は17日に2019年3月期の連結業績予想を下方修正している。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT