米朝首脳会談を2月末開催、場所は今後設定

ホワイトハウスが発表、「2度目の開催」へ

 1月18日、米ホワイトハウスはトランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末に再度会談を行うと発表した。写真は2018年6月撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスは18日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末に再度会談を行うと発表した。場所は今後設定するとしている。

トランプ大統領はこの日、ワシントンを訪れている北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長と約1時間半にわたり会談。ホワイトハウスによると、非核化問題のほか、2回目の米朝首脳会談などについて協議した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。