米朝首脳会談を2月末開催、場所は今後設定

ホワイトハウスが発表、「2度目の開催」へ

 1月18日、米ホワイトハウスはトランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末に再度会談を行うと発表した。写真は2018年6月撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスは18日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末に再度会談を行うと発表した。場所は今後設定するとしている。

トランプ大統領はこの日、ワシントンを訪れている北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長と約1時間半にわたり会談。ホワイトハウスによると、非核化問題のほか、2回目の米朝首脳会談などについて協議した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。