米朝首脳会談を2月末開催、場所は今後設定

ホワイトハウスが発表、「2度目の開催」へ

 1月18日、米ホワイトハウスはトランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末に再度会談を行うと発表した。写真は2018年6月撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスは18日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末に再度会談を行うと発表した。場所は今後設定するとしている。

トランプ大統領はこの日、ワシントンを訪れている北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長と約1時間半にわたり会談。ホワイトハウスによると、非核化問題のほか、2回目の米朝首脳会談などについて協議した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。