日経平均続伸、一時は2万0500円に接近 

外部環境が支えるが、戻り売りにも押される

 1月9日、東京株式市場で日経平均は続伸した。落ち着いた外部環境を支えに、直近で売られ過ぎた銘柄を買い戻す動きが続いた。写真は都内の株価ボード前で2016年1月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸した。落ち着いた外部環境を支えに、直近で売られ過ぎた銘柄を買い戻す動きが続いた。アジア株が強含みで推移する中、後場に上げ幅を一時290円に拡大、2万0500円に接近する場面があった。ただドル/円は108円台後半と戻りは鈍く、日本株の上値を圧迫。大引けにかけて日本株は戻り売りに押され伸び悩んだ。

騰落率は日経平均、TOPIXともに前日比1.10%高。セクター別では33業種中29業種が上昇。医薬品やパルプ・紙、精密機器が上昇率上位にランクインした。半面、ノンバンク、不動産、証券、空運がさえない。東証1部の売買代金は2兆3104億円と、やや盛り上がりに欠ける展開だった。

米中通商協議の進展が期待される中、上海総合指数が1%超の上昇となった。米株価指数先物も上昇し、投資家の先行き不安が後退。朝方に売りが先行した半導体関連株も切り返す動きとなった。「為替が12月よりも円高方向に振れたわりに日本株は底堅い。相場の『芯』自体はしっかりしている」(証券ジャパンの調査情報部次長、野坂晃一氏)との声も聞かれた。

個別銘柄ではシュッピン<3179.T>が大幅安。同社は8日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表し、嫌気された。カメラ事業の商戦期となる10─12月期において、期初計画に対し営業利益が未達となった。半面、 中古車販売を手掛けるネクステージ<3186.T>がストップ高比例配分。同社が8日発表した19年11月期の連結業績予想は、営業利益が前年比30.0%増の57億円の見通しとなった。増益見通しを好感した買いが入った。

東証1部の騰落数は、値上がり1202銘柄に対し、値下がりが861銘柄、変わらずが65銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     20427.06 +223.02

寄り付き   20366.30

安値/高値  20331.20─20494.35

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1535.11+16.68

寄り付き     1533.20

安値/高値    1531.44─1539.47

 

東証出来高(万株) 130751

東証売買代金(億円) 23104.76

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT