ベトナム武者修行する日本学生が増える理由

超実践型の海外インターンが人材育成に効果

ICC社では現在、世界6カ国12都市で海外インターンシップを展開しており、担当の吉澤ゆうが氏は、ベトナムを希望する学生の特徴としては将来駐在員や商社に就職を希望する人が多い傾向があるといいます。

神戸市外国語大学の学生(当時)で現在は総合商社で働くMくんもその一人。

ホーチミンの市場調査会社で、マーケティング・リサーチのインターンシップを経験しました。

「仕事の中で、つねにその行動をすれば目的は達成できるのだろうか、と考えることができるようになりました」

実際のプログラムの様子。立って話しているのがMさん(写真:株式会社ICCコンサルタンツ提供)

ベトナム人が特定の商品に対してどんなイメージを持っているのかをアンケート調査し分析するといった任務の中で、英語が通じないことも多いため、コミュニケーションを工夫して乗り切ったことが、彼の成長につながった様子です。

ホーチミンの日系企業は中小企業が多いため、経営層との距離も近くネットワーキング経験ができるのも魅力の1つ。業務時間外も日本とベトナムの交流団体が開催している交流イベントに参加したり、現地スポーツサークルに参加したりする学生も多いとのことです。

ICC社では、ハノイでもインターンシップ生募集を開始するなど、ますます希望者は増えそうです。

ベトナムでのインターンは効果的

近い将来シンギュラリティ(技術的特異点)が起こると言われている中、これからの社会に必要な人材育成の観点からも、学生時代にコンフォートゾーン(居心地のよい場所)から抜け出し、ストレッチゾーン(背伸びする場所)を経験できる環境づくりは必要です。

特に、より精神的にタフで「自走」できる次世代人材の育成という意味でも、ベトナムでの海外インターンシップは間違いなく効果的でしょう。

今回、2つの海外インターンシップを取材して、良質で効率のいいアウトプットは、「学生が主体的に考え挑戦できること」「プロの伴走者がいること」の2点が大切と感じました。今後は大学教育と連動して実習活動としての実施や単位化などの取り組みも視野に入れるべきではないかと筆者は考えています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。