ベトナム武者修行する日本学生が増える理由

超実践型の海外インターンが人材育成に効果

累計2500人以上が参加した「武者修行プログラム」を運営する株式会社旅武者(本社:東京都新宿区、代表取締役:山口和也氏)の山口氏に話を聞きました。

世界遺産の街ホイアンで武者修行する若者たち

このプログラムでは、大学生が世界遺産の街・ホイアンで、新規ビジネス担当者としてリアルに店舗運営を経験します。

店舗運営を経験した日本風カフェ(写真:株式会社旅武者提供)

ほとんどの学生が、ビジネス経験はゼロ、アルバイトしか経験したことがなく、指示されたことを実行するのがやっとという状態。

そこから、1日8時間もの事前研修を受けた後、スタートします。

日本風カフェ、土産物屋、スパ、語学学校などの実店舗を使って、ビジネスを成功させるために基本は何をしてもいいというのがこのプログラムの考え方です。

たとえば、レストランで新しいメニューを考案、ツアーデスクでの外部プロモーション、オーガニック野菜を富裕層マーケットに売り込むなど、ベトナム人のスタッフと一緒に欧米人観光客向けのビジネスを構築していきます。

学生たちが店舗運営を経験したサンドイッチ屋さん(写真:株式会社旅武者提供)
次ページインターンシップに参加した学生の声は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT