厳しい下落相場で勝つにはどうすればいいか

日経平均はNYダウ下落と円高が進むと厳しい

さてここからは恒例の競馬コーナーだ。「年の始めの名物レース」で、当てると気分のいい日刊スポーツ賞中山金杯(G3、5日中山競馬場11R、芝2000メートル、ハンデ戦)だが、勝ち馬が後に大きなG1を勝つ馬に出世するような華々しいイメージはない。

過去の勝ち馬を見ても、例外は2015年に5歳で勝って、その年の秋に大出世したラブリーデイくらいだ。会社の出世競争に喩えると、本社の役員ではなく、子会社の役員に抜擢される人を予想するような地味な重賞だ。ハンデ戦でもあり、能力比較よりは、コース適性、ローテーション、展開が重視すべきファクターだろう。

本命にしようかと思っていたステイフーリッシュが不利な外枠に入ったので、思い切ってこの馬の苦戦を前提に、今回は穴狙いを方針とする。

中山金杯は「穴狙い」でマウントゴールド

本命は本欄の執筆者の一人である吉崎達彦さんが好きなステイゴールド産駒で、マウントゴールドを挙げたい。

地方から転厩して来て、晩年になって徐々に力を発揮している。本流エリートではない子会社の役員タイプで金杯のイメージに合う。先行力があり、レースのし易そうな真ん中の枠を引いた。

対抗は、絶好の1枠を引いた逃げ馬のタニノフランケルとする。この馬を行かせて、ゴール前でマウントゴールドが抜け出すのが、期待のレース展開の一つだ。

単穴には鞍上に戸崎圭太騎手を配した7歳のブラックバゴを狙う。

連下には、実績馬ながら案外人気のないウィンブライト、タイムフライヤー、さらに鉄砲掛けする馬の休み明けにマーフィー騎手を乗せてきたサンマルティンが不気味だ。

馬券は3連複を中心に手広く買いたい。「大人のお年玉」を期待してボックス買いで高配当を期待してみようと思っている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。