佐賀・有明海産の牡蠣が「世界一」と言える理由

レジェンド京都吉兆の徳岡会長もうなった

佐賀・太良町産の牡蠣。ちょっと変わった丸い形が特徴。味は絶品だ(撮影:山下恒之)

突然だが「世界で著名なカキの産地」と言えば、どこが浮かぶだろうか。フランスならノルマンディー地方やブルターニュ、アメリカならマサチューセッツ州ウェルフリートなどが有名だ。もちろん、日本には広島、松島、山陰の岩ガキなど、名うての産地がそこかしこにある。

レジェンドが太鼓判、濃厚で甘味がある世界一のカキ

しかし、こうした有名産地以外にも、実は九州に隠れたカキの名産地があるのをご存じだろうか? しかも、世界にその名がとどろく日本料理の料亭として知られる京都吉兆の徳岡孝二会長(82)をうならせたほどの絶品を育てている場所、と言われればカキ好きなら放っておくことは絶対にできまい。

その場所とはどこか。有明海で養殖される、佐賀県・太良町産のカキだ。「この佐賀県有明海産のカキは本当においしく、びっくりした。仕事柄、世界中のいろいろな産地のカキを食べてきたが、こんなに濃厚で甘味がありおいしいのは初めて」(徳岡会長)。

実は徳岡さんは知る人ぞ知る無類のカキ好きである。「ホームグラウンド」の京都吉兆はもちろん、G7サミットなど数々国際舞台でも首脳をうならせてきた日本料理界の至宝の「味覚細胞」は、名刀のごとく鍛えに鍛え抜かれたものであることは想像に難くない。「レジェンドが舌を巻くほどのうまいカキ」と聞いて、食べてみたいと思わない人はいないはずだ。

では、徳岡会長はいかにしてこの絶品カキに巡り合えたのか。

次ページ徳岡会長が佐賀・太良町産のカキを知ったきっかけは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT